相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6999)KOA

 四季報によると、主力の固定抵抗器は産業機器向けが昨年後半からの回復続く。4割占める自動車向け堅調増。円高一服や高付加価値製品の比率上昇も寄与し、原材料高を軽く吸収。前号より営業増益の幅拡大。増配。低温同時焼成セラミックスの多層基板技術を持つ独研究開発型企業の株式56%を取得。宇宙や医療など新分野の技術開発、独大学や企業との関係開拓で協業。

 2018年3月期本決算予想は未公開。第二四半期(7-9月)の連結営業利益は、前年同期比で2.08倍の28.4億円と会社予想を上回る。市場の見方は2018年3月期、2019年3月期ともに2ケタの増益の見方もある。

 2012年11月13日の546円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、ゆるやかな上昇を続け2015年6月24日の1370円でいったんのピークとなりました。ここから下向きの先細三角形となって、その煮詰まったところで2016年6月28日の683円で底打ちとなって上放れし、もみあったあと急騰し、2017年3月15日の1549円まで上昇し、4月14日の1350円まで押し目を入れ、上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で7月25日の2397円の高値をつけて、いったん下落し8月1日の1866円、9月6日の1869円とダブル底のような形となって再上昇し、11月9日に2537円の高値をつけ、押し目を形成しているところです。
 

 

(2772)ゲンキー

 四季報によると、岐阜、愛知、福井へ集中出店し店舗純増28(前期同42)。夏から積極改装し生鮮食品売り場を本格導入。粗利率低下も、来店客数を大幅に引き上げ。既存店売上10%増を前提に、連続営業増益。記念配剥落。今期139店、来期48店の既存店を改装。専用の加工センターも開設し、全店に生鮮売り場を導入。業態超えたM&Aを視野に12月持株会社体制に移行。

 10月20日発表時点。2018年6月期本決算予想は、2017年6月期比で営業利益は+19.5%の46億円、経常利益は+18.6%の48.5億円の増収・増益の見通し。

 2015年11月26日の2590円(分割前5180円)を高値とし、2016年2月12日の1120円(分割前2241円)を安値とする三角保ち合い(B)を形成し、その煮詰まったところで8月5日の1650円(分割前3300円)を安値に、もみあって上放れし、11月10日の3640円(分割前7280円)の高値をつけ、押し目を入れてゆるやかな上昇トレンド(C)へ移行しました。この中で2017年4月25日の2756円を安値にもみあったあと上放れとなり、9月8日には5160円の高値をつけました。目先はここをピークに押し目形成となり、10月25日の3840円まで下げてもみあい11月29日に4260円で買転換となっています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!