アメリカ市場をみながら、22400~23000円の中で方向感のない展開か

(指標)日経平均

 先週の予測では、アメリカ株式と為替の影響を受けた動きになるとし、アメリカ株高が続けば日本株式もサポートされることになるとしました。22200~22700円のもみあいが基本ですが、三角保ち合いが煮詰まっており上放れる可能性もあるとしました。

 結果的に、週前半は11月27日(月)~29日(水)までは、22300~22700円のもみあいとなりましたが、アメリカ株式の3指標そろっての最高値更新が続き、日経平均も為替が円高水準のままでしたが、アメリカ株高にサポートされ、11月30日(木)は上放れとなって△127円の22724円となり、週末は22994円と23000円に接近したものの、△94円の22819円で引けました。柴田罫線では22957円以上で引けると、さらに上昇を示唆する「ろく買」が出る形となります。

 今週もアメリカ株式や為替の影響を受けることになります。アメリカ株式が最高値を更新する動きとなると、まず、23000円台のせから11月9日の23382円を試す動きが想定されます。一方でアメリカの税制改革法案の成立がもたつき、再燃しているロシアゲート問題が高まれば、株売り・ドル売りとなる可能性もあります。先週は三角保ち合いを上放れしたところですので、基本的には上を目指しますが、アメリカの状況次第では22400~23000円のもみあいとなることも考えられます。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> アメリカ市場をみながら、22400~23000円の中で方向感のない展開か