相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6755)富士通ゼネラル

 四季報によると、空調は国内が出足好調。欧米が着実増、中国の回復にも勢い。ただ在庫調整でインド低調。得意の中東の景況悪化で高単価品落ちる。素材や部品のコスト上昇も響き営業減益。独禁関連特損消える。米国で主流のダクト式空調を扱い開始、16年に提携した米国リーム社との相互供給の一環。自前でも欧米の開発体制を強化。欧州は業務用の小型製品を投入。

 10月25日発表時点、2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益-13.2%の230億円、経常利益は-4.0%の230億円の減収・減益の見通し。4月26日時点、7月25日時点の予想と変わらず。

 2014年12月18日の1100円を安値に、2015年5月19日の1827円まで上昇し、三角保ち合い(A)となりました。この三角保ち合い(A)の中で2016年2月12日の1372円を安値に上放れとなり、7月25日の2517円まで上昇しました。ここからいったん9月14日の1953円まで押し目を入れたあと再上昇となり、今年の1月10日の2720円の高値をつけたあと、三角保ち合い(B)形成となりました。この中で10月26日の2082円の安値をつけてもみあい11月10日の2220円で買転換となって三角保ち合いの上限を試す動きとなってきています。
 

 

(4114)日本触媒

 四季報によると、アクリル酸が数量拡大、外販価格ほぼ高止まり。主力の高吸水性樹脂の戻り鈍いが、7月海外値上げ発表。緩やかに利幅上向く。前期のインドネシア電源、姫路バースのトラブルない。配当性向30%メド。18年のベルギー10万t新設の後、高効率の新プロセス導入へ。化粧品事業準備室設立、原薬合成設備の建設検討中。塗料・接着剤用マロン酸エステル育成。

 11月7日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+22.9%の260億円、経常利益+21.6%の300億円の増収・増益の見通し。8月3日時点から上方修正。

 2015年12月7日の9800円を高値に急激トレンド(A)を形成。この中で2016年4月6日の5090円、5月10日の5060円と2点底をつけ、ゆるやかな上昇トレンド(B)へ転換し、1月26日の8020円まで上昇後、2017年5月30日の6610円まで押し目を入れて、急角度の上昇トレンド(C)へ移行しました。この上昇トレンド(C)の中で10月27日に8850円の高値をつけ、押し目を形成しているところです。8月3日時点で業績上方修正しており、目先材料出尽しからの下げですが、調整が終われば再び買われてきます。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!