相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6287)サトーホールディングス

 四季報によると、海外堅調。国内も電子部品向けなどFA市場で伸長。発売3年目の工場用ラベルプリンタも販売台数なお伸び続く。だが前期買収メーカーののれん代や開発費が重く営業減益続く。配当は連続で増。前期買収した英国顔料メーカー製品を既存製品と組み合わせ提案営業一段強化。16年実施の営業体制変更の効果が発現、高付加価値な販売への意識高まる。

 11月2日発表時点、2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は-1.7%の60億円、経常利益は+6.9%の58億円と減収・増益の見通し。5月9日時点、8月4日時点の予想と変わらず。

 2015年6月23日の3550円を高値にして角度の大きい下降トレンド(A)を形成、この中で10月1日の2090円を安値に、12月7日の2831円まで反発し、ゆるやかな下降トレンド(B)に移行。この下降トレンド(B)の中で2016年6月28日の1761円で底打ちとなり、上昇トレンド(C)へ転換しました。この上昇トレンド(C)の中から下降トレンド(B)を上放れしたあと、2017年9月6日の2426円を安値に大幅上昇となり、11月7日に3375円の戻り高値をつけました。11月2日の決算発表後、目先材料出尽して押し目を形成しているところです。
 

 

(8111)ゴールドウイン

 四季報によると、アスレチック堅調。柱のアウトドアはTNFの直営店軸に売上想定超。発注・流動管理の徹底で粗利率改善も続く。広告宣伝費、システム投資増を吸収し、営業益は上振れ。会社計画は慎重。最高益圏。7月末、英ウールリッチ社の一部株式を41億円で取得、持分会社に。同社事業に参画し海外展開ノウハウ蓄積。『ヘリーハンセン』は異業種とコラボ積極化。

 11月7日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は8月3日時点の40億円から+27.9%の50億円、経常利益は46億円から+22.3%の56億円と上方修正の見方。

 2015年11月2日の7120円の高値からの短期下降トレンド(A)の中で、2016年4月11日に4015円で底打ちとなり、上昇トレンドの下値ライン①→②→③と角度の高い上昇ラインへと移行しました。そして今年の4月17日の5400円を安値とする上昇ラインは急角度となり、この中で10月24日の8910円の高値をつけ、目先材料出付くしから大きな押し目となっています。11月7日発表時点での2018年3月期予想は、8月3日時点から上方修正しており、それを織り込む上昇となっていました。ここでの大きな下げは、まずはリバウンド狙いとなります。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!