本質的価値の見える化を~アナリスト不要論を越えて

・10月のアナリスト大会のパネルディスカッションは真に面白かった。資生堂の魚谷社長、丸紅の國分社長、小西美術工芸社のデービット アトキンソン社長がグローバリズムについて議論した。中でも、アトキンソン氏の論調が実にユニークで迫力があった。

・資生堂の魚谷社長は、世界で勝てる日本発のグローバルビューティカンパニーにすると覚悟を決めた。そのためには、各地域でのローカル化が必要であるが、日本は逆にグローバル化が必要であった。

・日本のビジネスモデル(BM)にはしがらみがあって、なかなか壊せない。それを打ち破っていくには、違った人材が必要である。グローバルな人材マトリックスを作って、人材の交流を進めている。

・世界6地域本社のうち、4人が仏人である。地域マネジメントにエンパワーメントする(権限を与える)には、経営を透明化しておく必要がある。東京の人材にもグローバルで同等に通用する能力が求められる。

・グローバル化をもう一段進めるために、日本人にはwhy-becauseを一層訓練させるという。外国人には日本語を学んでもらい、日本の本社は来年10月から英語を公用語にする。英語を学ぶことに1700人が手をあげたという。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 本質的価値の見える化を~アナリスト不要論を越えて