相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3105)日清紡ホールディングス

 四季報によると、黒字の紙事業売却で目減り。が、柱のブレーキ材は北米減速でも国内やタイなど堅調。前期急落の子会社・日本無線も底打ち。ブレーキのれん償却終了効き、営業益反発。紙事業譲渡特益で純益膨らむ。日本無線を10月子会社化、レーダーなど自動運転見据え連携。一方、ドラムブレーキ事業はアイシン精機系に18年2月譲渡。相談役・顧問制度を6月廃止。

 11月9日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+206.7%の150億円、経常利益+89.5%の200億円と大幅な増収・増益に回復見通し。5月11日時点、8月8日時点の予想と変わらず。

 2016年10月30日の1661円を高値に下降トレンド(A)を形成。この中で2016年6月28日の883円、8月3日の911円と2点底をつけて下降トレンド(A)を上にぬけて、ゆるやかな上昇トレンド(B)へ移行しました。この上昇トレンド(B)の中で今年の5月31日の1044円を安値に上放れとなって9月14日の1548円まで上昇し、ここを目先のピークにして押し目を形成し、9月28日の1303円、10月20日の1304円とダブル底の形をつくり、10月24日に1362円で買転換となって11月9日の1438円まで上昇し、再び押し目を形成しています。
 

 

(2767)フィールズ

 四季報によると、下期重点のパチンコ機は販売台数が16万台と前期やや上回る。パチスロ機は1機種販売台数減でも投入機種拡大で通期12万台(前期9万台弱)へと挽回。人員減などで販管費削減も寄与。営業黒字浮上。持分投資損失縮小。減損特損ほぼ一掃。18年春の新規制実施にらみ現行基準パチスロ機20機種投入確保にメド。サミー、ニューギンと新たに販売協力構築。

 11月9日発表時点、2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は10億円の黒字転換、経常利益は0億円の黒字転換へ。5月9日時点、7月31日時点の予想を変わらず。

 2014年11月4日の1365円を安値とする上昇トレンド(A)の中で、2015年12月18日の2245円を高値に下降トレンド(B)へ転換しました。この安値圏の中で2016年8月4日の1139円を安値とし、12月14日の1522円を高値とする下向きの先細り三角形の保ち合いとなり、この煮詰まったところで11月8日の1088円を安値に上放れとなり、11月10日に1166円で買転換となりました。あくまでも下降トレンド(B)の中でのチャートの買いの形ですので短期リバウンド狙いといえます。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!