今週は、アメリカ市場次第で大きな調整の可能性も

(指標)日経平均

 先週の予測では、アメリカ株式の3指標とも最高値更新のため、それにサポートされて1996年6月26日の22750円を試す動きになるとしました。

 結果的には、11月7日(火)は、前日のアメリカ株式の3指標そろっての最高値更新にサポートされ、先物にまとまった買いが入り、一段高となって注目ポイントの22750円を突破し△389円の22937円となりました。

 この時点で次の上値ポイントは、心理的フシの23000円、さらに1992年1月9日の23113円でしたが、11月8日(水)は一服したあと11月9日(木)は、前日のアメリカ株式の3指標そろっての高値更新を受け、為替も1ドル=114円台となったことで一気に△468円の23382円まで上昇しました。しかし後場は相場が一変し▼390円の22522円まで急落し、大引けは▼45円の22868円でした。日中幅は▼859円という荒い動きとなりました。

 先週の9日(木)の乱下高を受け、目先23000円水準が、いったんのピークと意識されやすく、これまで支持線として作用してきた5日移動平均線も割り込んでいることで下値は22000円台での値固めとなる可能性があります。主力株が利益確定売りで一服しても中小型株の出遅れ修正となれば下げても下値は限定的と思われます。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、アメリカ市場次第で大きな調整の可能性も