相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5302)日本カーボン

 四季報によると、太陽電池や半導体向けにファインカーボンが堅調。リチウムイオン電池負極材が車載向けに拡大。黒鉛電極は当初想定ほど価格下がらず。在庫評価損なく、償却費減少。原価低減進捗もあり黒字幅拡大。18年12月期は黒鉛電極の市況回復が効く。 子会社の航空機エンジン向け炭素製品の第2工場は18年から本格出荷へ。ファインカーボンは欧州市場の拡充継続。

 10月30日発表時点。2017年12月期本決算予想は、2016年12月期比で営業利益は13億円の黒字転換、経常利益も14億円と黒字転換の予想です。2月10日時点、4月28日時点では営業利益は10億円、経常利益は11億円の黒字転換の予想でしたが8月4日時点で13億円と14億円に上方修正となりました。

 2015年4月13日の4500円(併合前450円)を高値とする下降トレンド(A)の中で、2016年2月12日の1590円(併合前159円)、8月19日の1560円(併合前156円)とダブル底に近い形となって上昇トレンド(B)へ転換しました。この上昇トレンド(B)の中で上昇が続き、先月の10月16日の5160円、10月31日の5160円とダブル天井となって11月6日の4640円で売転換となりました。目先調整入りの可能性が高く大きな押し目を待つスタンスとなります。
 

 

(2491)バリューコマース

 四季報によると、ヤフー出店者向けCRMツールの需要開拓が進捗。主柱の成果報酬型広告は金融関連の大口案件剥落でも、粗利よい案件の比率拡大し営業益急反発。18年12月期もCRMツール伸長。減損特損見込まず。商材ごとに別だったマーケ・プロモ部門を一元化、共通する顧客への対応力底上げ。アフィリエイトでは運用簡便化、メンテ不要化などの付加機能を続々投入。

 10月21日発表時点。2017年12月期本決算予想は、2016年12月期比で営業利益+106.1%の19億円、経常利益+91.8%の19.2億円の増収・増益の見通し。4月26日時点、7月26日時点の営業利益は+19.3%の11億円、経常利益は+9.9%の11億円からそれぞれ19億円、19.2億円へ上方修正。

 2014年7月10日の1060円をピークに8月8日の770円まで急落後、8月20日の865円まで反発したあと下降トレンド(A)へ移行。この下降トレンド(A)の中で2016年2月12日の295円、11月9日の316円と2点底をつけて上放れし、上昇トレンド(B)へ転換しました。この上昇トレンド(B)の中で10月4日の900円、10月13日の921円、10月30日の889円と三尊天井となって10月30日に803円で売転換となっています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!