相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6773)パイオニア

 四季報によると、CATV事業譲渡で売上剥落も原価率良化。国内は下期に大画面ナビ等新規品牽引。北米・ASEANはスマホ連携市販カーオーディオ投入、OEM寄与。ただ全般に年末商戦に懸念。前号比増益幅縮小。2月に市販向け生産開始したメキシコ工場は、来期は北米向けOEM生産始動、現地部品の割合を高める。独ヒア社と共同開発の高精度地図は来期国内に投入。

 8月7日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+140%の100億円、経常利益は未定。当期利益は35億円の黒字転換。

 カーナビを展開し、若者中心に根強い人気の老舗・業績低迷から無配が続いているが黒字化も定着してきており。復配は近いかも。決算発表直前であり、発表を確認して買うか、それとも損切りポイントを決めて買いのか投資判断するところ。時々急騰する銘柄。

 2014年9月3日の352円の高値から2015年8月25日の203円まで下落したあと急騰となって11月30日の392円まで上昇。ここをピークに下降トレンド(A)入りとなり、この中で2016年7月8日の162円、8月3日の178円と2点底をつけて、今年の1月6日には269円まで戻し再下落となって4月28日の198円まで下げてもみあい、9月8日に197円とダブル底のような形となって反発し、10月24日に222円で買転換となっています。ただし、現時点では下降トレンド(A)にアタマを抑えられており、上放れを待っている状況。決算発表待ちです。
 

 

(6413)理想科学工業

 四季報によると、インクジェット本体と消耗品は中国、欧州で新製品投入が本格化。国内も採用企業増加で続伸。孔版は先進国で伸び悩むがアジアでは堅調。研究開発費削減。広告宣伝費や償却負担減少もあり営業増益。Tシャツ用の印刷に使用するデジタルスクリーン製版機開発し米国で拡販。薬品不使用、省電力、洗浄工程不要が特徴。来期中につくば市に研究施設を開設。

 11月2日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+10.2%の44億円、経常利益は+6.6%の44億円の増収・増益に回復。5月9日時点、7月31日時点の予想と変わらず。

 2015年8月6日の2724円を高値に下降トレンド(A)へ転換。2016年2月12日の1465円の安値をつけて、3月22日の1848円まで上昇するものの、もみあったあと再び下降トレンド(B)へ移行しました。この下降トレンド(B)の中で2016年7月8日の1258円で底打ちとなり、上昇トレンド(C)への転換となりました。この上昇トレンド(C)の中で今年の7月31日に2377円まで上昇し、ここを目先のピークにして9月6日の1988円まで押し目を入れ、小さな三角保ち合い(D)を形成して上放れの動きとなっています。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!