今週は、1996年6月26日の22750円を前にもみあいか

週前半一服後、アメリカ株式の最高値更新を受け、一気に22500円台回復して引ける

 先週の予測では、先高感は強いが22000円水準を上放れるかどうかは、アメリカ株高と為替次第としました。 先週は決算発表の第一弾のピークを迎えるため、様子見が高まれば一服してもおかしくなく、柴田罫線でも22000円水準が目先の上値のフシとなっているものの、アメリカ株式の上昇が継続し、円安基調ならば、つれ高してそのまま上昇する可能性があるとしました。その場合は、1996年6月26日の22750円が意識されてくることになるともしました。

 結局、週前半の2日間は22000円をはさんだもみあいとなりましたが、11月1日(水)は、前日の日銀金融政策決定会合で金融政策の現状維持と年間6兆円のETF買い入れ方針の継続を好感し、前日のアメリカ株式もナスダックが最高値更新し、円が弱含んだことでさらに上方修正されたソニーをはじめとする好業績銘柄が買われたことで、△408円の22420円と大幅反発し、21年4ヶ月ぶりの高値水準となりました。3連休前の2日(木)は、前日のアメリカ市場でザラ場では3指標とも最高値を更新し、為替は10月ADP雇用統計が予想を上回ったことで114.28円までドルが買われたことを好感し、△92円の22512円で寄り付き、買い一巡後は3連休前のポジション調整で売りに押されることもありましたが、大引けにかけて買い戻され△119円の22539円で引けました。終値ベースで1996年6月以来の22500円台のせとなり、1996年6月26日の22750円が視野に入ってきました。

 日本が連休中のアメリカ市場は、2日(木)は、下院共和党が税制改革法案を発表したことや、FRB次期議長人事が決まったことを好感し、NYダウは最高値更新となり、シカゴ日経先物は△50円の22560円でした。3日(金)は、10月雇用統計は強弱マチマチの内容でしたが、アップルなどの半導体関連株が大幅高となり、株式3指標がそろって最高値更新し、シカゴ日経先物も△125円の22605円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、1996年6月26日の22750円を前にもみあいか