相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4362)日本精化

 四季報によると、工業用は化粧品原料が続伸。医薬品原料もリン脂質の米国向け輸出回復。手指消毒剤等の家庭用はO157対策需要も見込める。好採算品シフトで原料高や償却増こなし営業益向上。有証売却特益は減。 医薬品原料で設備増強。化粧品原料はビタミンC誘導体や植物由来の高機能油剤、羊毛由来のラノリン等に力点。樹脂用コーティング剤は中国や台湾で拡販。

 7月27日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+5.5%の25億円、経常利益+3.5%の26.5億円の増収・増益。4月28日時点の予想と変わらず。

 2012年6月1日の479円を1番底、11月15日の509円を2番底にして、アベノミクス相場がスタートし、現在、上昇トレンド(A)にあります。この中で2015年5月11日の1020円まで上昇後、下降トレンド(B)へ移行しました。この下降トレンド(B)の中で2016年2月24日の680円、6月24日の680円とダブル底をつけてもみあったあと上放れとなり、今年の3月28日の1020円まで上昇し、4月20日の898円まで押し目を入れて再上昇となり、7月11日に1100円と年初来高値更新となりました。目先はここをピークにして9月6日の913円まで下げて10月26日の980円で買転換となっています。
 

 

(2871)ニチレイ

 四季報によると、新たな利益柱の加工食品は家庭用・業務用ともに順調、期待のチキン加工品も上乗せ。低温物流も大都市中心に集荷拡大。運送費増や円安による原材料費上昇で営業減益を見込む会社計画は保守的。 業務用冷食は原料の牛や豚にこだわった最高級ハンバーグを投入、一見飽和した市場の拡大に再挑戦。GPIF選定の『ESG投資指数』の構成銘柄に採用。

 8月1日決算発表。2018年3月期本決算は、2017年3月期比で営業利益は4期ぶりに-2.8%の285億円、経常利益も4期ぶりに-3.1%の282億円と小幅の減収・減益の見通し。5月9日時点の予想と変わらず。

 現在は、2014年10月17日の830円(併合前415円)を安値する上昇トレンド(A)となっています。この中で2016年2月3日の2062円(併合前1031円)まで上昇後、6月24日の1692円(併合前846円)まで下げ、ここから角度のやや大きい上昇トレンド(B)へ移行しました。この上昇トレンド(B)の中で今年の6月16日に3430円の高値をつけ、ここからの調整でもみあって9月5日の2805円、9月28日の2772円と2点底をつけ、10月16日に2956円で買転換となっています。決算発表関連ですので決算発表が予想を上回れば6月16日の3430円を試す動きとなり、変化なければもみあいながら戻りを試すことになりそうです。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!