相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6926)岡谷電機産業

 四季報によると、ノイズ、サージ部品は好採算の国内の産業機器向けと家電向け出荷が前半に前倒し。中国エアコン向け、アジアOA機器向けは堅調。前期後半の埼玉新工場稼働も寄与。カルテル訴訟費用消え営業増益。ワイヤレス給電機器狙いに下期から共振用コンデンサー開発に着手。国内好調背景に埼玉新工場は3交代制導入し、現在16時間稼働を来期24時間稼働へ。

 8月10日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+34.3%の6.5億円、経常利益は+32.5%の6.2億円の増収・増益の見通し。5月12日時点の予想と終わらず。

 産業機器、エアコンなど電子機器のノイズやサージ対策用コンデンサーが主力。電磁パルス関連、電気自動車関連の一面ももっています。

 2009年10月24日の205円からの長期上昇トレンド(A)の中にあります。この中で2011年3月4日の600円まで上昇したところで、東日本大震災を受けて急落し、2012年6月4日の276円で底打ち、ここからのもみあいで11月14日の298円を2番底にして、アベノミクス相場にサポートされ、2015年3月25日の498円まで上昇しました。ここからいったん調整入りとなり、2016年6月24日の350円を安値に、角度の大きい短期上昇トレンド(B)へ移行し、この中で今年の9月22日の586円まで上昇後、押し目形成となり10月6日に494円の安値をつけて、小さな三角保ち合い(C)となって10月19日に529円で上放れし買転換となっています。
 

 

(6332)月島機械

 四季報によると、買収会社を期中連結。上下水処理設備は受注、売上とも堅調。PFI等長期案件、汚泥消化ガス発電も下支え。産業事業は鉄鋼、化学向けなど投資鈍いが前期の不採算案件消え利幅改善。工事特損減。 ごみ焼却プラントに強い三進工業(16年7月期年商70億円)を56億円で買収、工事能力増強へ。大型乾燥機、製糖用分離機、汚泥焼却など独自技術核に海外深耕。

 8月4日発表時点、2018年3月期決算予想は、2017年3月期比で営業利益+19.7%の42億円、経常利益+14.5%の44億円と増収・増益の見通し。5月12日時点の予想と変わらず。

 2015年5月27日の1398円を高値に、8月25日の945円まで下げ、反発後は再び下げて下向きの先細り三角形(A)となっています。この中で2016年6月24日の864円を安値に上放れとなり、上昇トレンド(B)へ転換しています。この上昇トレンド(B)の中で今年の2月22日に1321円まで上昇後、4月21日の1081円まで押し目を入れ再上昇となって、9月15日には1439円と年初来高値更新となりました。現在は買われ過ぎからの反落となり、10月20日に1313円で短期の売転換(押し目買い)となっているところです。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!