今週は、目先ピークをつけてもおかしくない状況

アメリカの主要株式指数の最高値更新続き、日経平均も57年ぶりの14日連騰記録

 先週の予測では、衆院選での与党の大勝を織り込みながらいったん目先ピークとなる可能性もあるとしました。前週末の13日(金)に約20年ぶりの21000円台を回復したことで目標達成感もでるところだが、ここから上は需給関係からは真空地帯といえるところなので、テクニカル的な過熱感からいったんピークをつけるパターンと海外ファンド中心の先物主導で値ガサ株が買われ、さらに大きく上昇し何かのキッカケで急落するパターンを想定しました。

 結果的に、アメリカ市場で好調な決算や経済指標を受けて3指標の最高値更新が止まらず、このサポートを受けて日経平均も週末まで14日連騰となりました。これは57年ぶりの連騰最長記録に並びました。

 16日(月)は、前週末のアメリカ株高を受け△66円の21221円で寄り付き、先物主導で上げ幅を拡大し、一時△191円の21347円まで上昇しました。その後は利益確定売りで上げ幅を縮小し、△100円の21255円で引けました。17日(火)も前日のアメリカ市場でNYダウを含め3指標がそろって最高値を更新したことで、一時△138円の21393円まで上昇するものの、連騰へのつかれから一時マイナスに転じましたが、売り一巡後は持ち直し△80円の21336円と11日続伸となりました。

 18日(水)は、前日のNYダウが一時23000ドル台乗せを達成したこともあり、買い先行で始まって一時△64円の21402円まで上昇しましたが、利益確定売りで▼18円の21317円まで下げましたが、再び△66円の21402円まで上昇し、終値は△26円の21363円と2年5ヶ月ぶりの12連騰となりました。

 19日(木)は前日のアメリカ株式の3指標がそろって最高値更新となったことで、△86円の21450円で寄り付き、21503円と21500円台乗せとなりましたが、終値では△85円の21448円と29年8ヶ月ぶりの13連騰でした。

 週末の20日(金)は、前日のアメリカ市場ではNYダウ、S&Pが最高値更新したものの、前場は▼57円の21390円と利益確定売りが先行し、週末要因や22日の衆院選挙を前に手控え気分で▼85円の21363円まで下げましたが、米上院で予算案が可決されたことでドル高・円安の動きとなったのをキッカケに下げ幅を縮小し、プラスに転じて△9円の21457円と小幅に14日続伸となりました、14日連騰は、1960年12月21日~1961年1月11日につけた連騰最長記録と並びました。57年ぶりとなります。

 20日(金)のアメリカ市場は、予算案の上院通過で3指標そろって最高値更新し、NYダウは△165ドルの23328ドル、為替も1ドル=113.50円で引け、シカゴ日経先物は△105円の21555円で引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、目先ピークをつけてもおかしくない状況