今週は、いったん目先のピークをつける場面を探すところか

(指標)日経平均

 先週の予測では、10月10日の北朝鮮の労働党創建記念日に特別の動きなければアベノミクス相場の高値2015年6月の20952円が意識されるとするものの、テクニカルな過熱感に警戒感がでているとしました。アメリカ株式の株高が続くようだとサポートされて2015年8月の高値を試すことになるとしました。

 結果的には、北朝鮮情勢は落ち着いたままであり、アメリカ株式の上昇は続き、IMFによる世界経済成長の上方修正もあり、日経平均は先物主導で一本調子の上昇となり、アベノミクス相場の高値を軽くクリアーし、週末の10月13日(金)は△200円の21155円と20年10ヶ月ぶりの21000円台のせとなりました。

 今週は、先週末に9連騰となって21155円と約20年ぶりの21000円台となったことや、テクニカル指標が過熱しており、目先目標達成感が出る可能性があります。目先の動きとしては、そのまま上昇が続けば値ガサ株中心となっていますので、キッカケ次第で急落のパターン、そうでなければもみあって目先のピークをつけにいき、そこからいったん調整というパターンが考えられます。
 
日経平均10-16
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、いったん目先のピークをつける場面を探すところか