ESG投資をいかにROEに結びつけるか

・総資本のうち、何が投下資本(ROIC)か。つまり本当に価値を生み出す資本であるかをよくみる必要がある。ところが、この投下資本にはバランスシートに表れないものが多い。人材育成投資、R&D投資、特許、ノウハウ、組織力、さらに本質的な経営者のマネジメント力は、まさに無形資産である。

・この無形資産のうち、有力なものがESGである。①E:環境に配慮し、環境を活かす経営、②S:人権に配慮し、人材を活かす経営、③G:ガバナンスを効かせた取締役会を通した経営、などによって、稼ぐ力の向上を図ろうとしている。さらに、ESG以外でも、収益力の向上に不可欠なものもある。

・こうした無形資産への投資は、財務的には投下資本として捉えられ、その効率がROIC(投下資本利益率)の向上と、WACC(加重平均資本コスト)の低下になって顕在化すれば、企業価値の向上が財務的にも証明される。

・EP/投下資本=ROIC-WACCを高めることが、ROAの向上に結びつき、さらにROEの向上にもつなげることができる。そのためには、無駄な資産や資本をもたないことであり、適切な資本負債構成を検討することが重要である。

・1つの正解があるわけではなく、企業のビジョンや経営哲学を反映した経営方針が、現場の隅々までいかに浸透しているかが問われる。

・ROICをKPIに掲げる企業が増えている。WACCは分かりにくいようだが、中長期的な視点で資本コストを腹に入れておく必要がある。その上で、投資家が重視するROEについても、明確なコミットメントが必要である。

・ROE 8%以下の企業はまず8%を、これを超えている企業は二けたの10%か、欧州並みの12%を目指したい。次に米国並みの15%や、独自の領域の20%以上を目標にして、個々の企業独自の手を打ってほしい。その上で、一過性ではない持続的で高いROEを実現してほしいものである。
 

日本ベル投資研究所の過去レポートはこちらから

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ESG投資をいかにROEに結びつけるか