今週はSQの週だが、北朝鮮リスクなければ上値を試す動きも

先週は、アメリカ株式の連日の最高値更新を受け日経平均も5日連騰

 先週の予測では、相場は底堅いものの北朝鮮リスクもあり、22日の総選挙に向けて調整気味の相場展開を想定しました。総選挙は小池新党「希望の党」が台風の目になり、北朝鮮リスクは10日の朝鮮労働党の創立記念日を控えてミサイル発射の徴候もあり、テクニカルな過熱感もでていることから2万~20500円の中でもみあいを想定しました。 しかし、結果的にはアメリカ株式の最高値更新が続き、円安も安定していることから海外ファンドとみられるインデックス買いが継続的に入りレンジを上放れ、今年初の5日連続の上昇となりました。しかし日足をみてみると前日のアメリカ株高に引っ張られて朝方は高いものの、その後は利益確定売りで上昇幅を縮小し日足で陰線の形となっており、上値に利益確定売りが多く控えていることを示しています。

 10月2日(月)は、前週末のアメリカ株高と円の弱含みを受けて△44円の20400円と9月25日の年初来高値20397円を更新し、2年1ヶ月ぶりの高水準となったことを好感し、NYダウは△152ドルの22557ドルをはじめ3主要指数の最高値更新が続きました。 これを受けて3日(火)の日経平均は為替も1ドル=113円台の円安となったことも追い風となり、△213円の20614円と2015年8月18日の終値20554円を突破し、2万~20500円でもみあったレンジを上放れしました。 その後のアメリカ市場は、5日(木)まで3指標とも最高値更新が続いたことで日経平均も連動し4日(水)は△46円の20660円で寄り付いて終値は△12円の20626円、5日(木)は△24円の20650円で寄り付いて終値は△1円の20628円、6日(金)は△88円の20716円で寄り付いて終値は△62円の20690円と今年初の5連騰となりました。しかし、ここで注目すべきは日足でみると前日のアメリカ株高を受けて高寄りするものの、その後は上げ幅を縮小して引けて日足では陰線となっているということなのです。これは上値には利益確定売りが待機していることを示しています。何か悪材料がでると一気に売り物がでてくる状況といえます。

 6日(金)のアメリカ市場は、注目の9月雇用統計はハリケーンの影響を受けて非農業部門雇用者数は予想を大きく下回りましたが、失業率は4.4%から4.2%へ改善し、時間給も予想を上回りました。3指標はマチマチの動きとなりS&Pは9日ぶりに反落し、NYダウも▼1ドルの22773ドルと小反落でした、シカゴの日経先物は▼50円の20660円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週はSQの週だが、北朝鮮リスクなければ上値を試す動きも