北朝鮮リスクはあるが、戻りを試す展開へ

(指標)日経平均

 先週の予測では、北朝鮮情勢に大きな変化がなければ、リバウンドが継続し2万円が意識されて20200円水準までは戻り売りで上値が重くなるところとし、商いが膨らんでくれば2万円台が期待できるとしました。

 結果的に、アメリカで株高・ドル高が継続し、日本では衆院解散の方針が浮上したことも支えとなり、世界的にみてもPERの割安感が明らかなため、外国人買いも入ってカラ売りの買い戻しを巻き込み、3連休明けの9月19日(火)は△389円の20299円と一気に2万円台を回復しました。9月21日(木)は20481円まで上昇して終値は△37円の20347円でしたが、4日続伸となり年初来高値を更新しました。週末の9月22日(金)は▼51円の20296円で引けました。

 今週は、先週のFOMCで10月よりバランスシートの縮小開始が決定されたことで年内追加利上げの観測が高まり、日米金利差拡大期待でドル買い・円売りの流れが継続することになります。国内では28日召集の臨時国会で早期解散に踏み切るため総選挙での政策期待が高まり株価の上昇要因となります。一方で北朝鮮が水爆実験を実施する可能性もあり、地政学的リスクが上値を抑えることになります。状況次第で2万円台の値固か、もしくは20500円突破を試す展開かということになります。
 
日経平均09-25
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 北朝鮮リスクはあるが、戻りを試す展開へ