相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6058)ベクトル

 四季報によると、主柱のPRは案件数2ケタ増で収益牽引。高粗利の動画サービス・ニューステレビが客単価向上、タクシー内など市場広がり稼ぐ。ニュースリリース配信も順調。スキンケア連結フル寄与。最高純益。 PRイベント・発表会を撮影、動画配信のニューステレビは配信数今期倍増の勢い。社長インタビューのIRテレビも上場後株高の実績受け新顧客増の好循環。

 7月14日発表時点。2018年2月期本決算予想は、2017年2月期比で営業利益+36.0%の30億円、経常利益+36.9%の30億円と2013年2月期より連続の増収・増益更新中。

 長期の上昇トレンドの中で、2015年からの上げ方をみると①→②→③と徐々に上昇角度を大きくしており、2016年8月8日の829円(分割前2489)の安値からの上昇トレンド③の中で、今年の6月27日の1962円で当面のピークとなっています。上昇角度が徐々に大きくなっていくのは相場が人気化していることを示すもので、ここでの③の上昇の中でも1962円は当面の天井になる可能性があります。現時点では8月14日の1422円まで下げて8月29日に買転換となっており、日経平均にこれ以上の調整がなければリバウンド狙いうところです。しかし、日経平均はさらに調整の可能性もあり、そうなるともう一段安の1200円台が買いポイントになることも考えられます。
 
(6058)ベクトル
 

(3465)ケイアイスター不動産

 四季報によると、戸建て分譲1949戸(前期比34%増)は下期偏重引き渡し。好採算の注文も同3%増と伸びるが構成比低下。中古再販横ばいとみる会社計画は慎重。営業2ケタ増益。連続増配。段階的取得差特益ない。4月、横浜の住宅ビルダー買収(17年度売上高16億円計画)、神奈川の商圏拡大狙う。今後も地場工務店などM&Aを継続、将来的に持株会社化を視野か。

 8月10日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+26.6%の52.30億円、経常利益は+25.9%の50.30億円の大幅な増収・増益の見通し。5月12日時点の予想と変わらず。

 現在は、2016年1月21日の503円を安値とする中期上昇トレンド(A)の中にあります。この中で2016年8月18日の925円を安値に上昇角度の大きい上昇トレンド(B)へ移行しており、この上昇トレンドの中で12月5日の1815円の高値をつけて、今年の4月6日の1445円まで調整後、再上昇となり6月20日の2222円、7月3日の2233円と2点天井となって、7月7日に2040円で売転換し、8月14日の1718円まで下落しました。ここで上昇トレンド(B)にサポートされてもみあい、いったん8月30日に1923円で短期の買転換となっていますが、まだ調整不足の可能性が高いと思われます。もう一段安を狙うスタンスとなります。
 
(3465)ケイアイスター不動産
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!