相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(2201)森永製菓

 四季報によると、健康は『ウイダー』が販促効き増勢。菓子、冷菓も『ジャンボ』など主力品が好調持続。原料安の恩恵一服でも償却負担増を軽くこなす。営業益着実増。会社計画は慎重。3期連続最高純益。増配継続も。米国など海外は急拡大狙わず着実に『ハイチュウ』の販促投資継続。国内は今夏『ウイダー』新製造ライン稼働、需要増に備え。森永乳業との経営統合見送り。

 8月9日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+9.6%の193億円、経常利益+8.6%の199億円の増収・増益見通し。5月12日時点の予想を上方修正。

 2016年5月16日の2585円(併合前517円)を安値に上昇トレンド(A)を形成中。この中で今年の4月21日の5110円を安値に好業績期待で大幅上昇となり、6月13日の7270円まで上昇。ここを当面のピークにして7月5日の6120円まで押し目を入れたあと、8月14日の6950円まで上昇するものの2番天井となって8月18日に6260円で売転換出現となりました。7月5日の6120円を切るといったん相場がこわれたことになり、もう一段安となってきます。業績からは大きく下げたところでは買えますので日経平均の大きな下げにつれ安するタイミングで待ち伏せするスタンスとなります。
 
(2201)森永製菓
 

(4005)住友化学

 四季報によると、】石油化学の利益前期並み。液晶フィルム、スマホ材料が勢い取り戻し、電子材料の収益急回復。農薬の海外需要戻る。医薬堅調。営業外は前期活況呈した東南ア石化合弁の持分益縮小だが、最高純益更新。内陸部の四川省でも高性能樹脂の新生産拠点立ち上げ。バンパー、内装材用に供給。遼寧省ではエアバッグ材等に使用されるエラストマー生産開始へ。

 8月1日発表時点、2018年3月期本決算予想は、5月16日時点で2017年3月期比で営業利益+22.8%の1650億円、経常利益+11.0%の1850億円の増収・増益の見通し。8月1日時点でも予想は変わらず。

 2014年10月17日の333円を安値に上昇トレンド(A)となり、この中で2015年6月16日の798円の高値をつけ、その後はここをピークに上値を切り下げる下降トレンド(B)となりました。この下降トレンド(B)の中で昨年の7月8日の396円、8月4日の399円とダブル底をつけて、上昇トレンド(C)に転換しています。この上昇トレンド(C)の中で今年の3月7日に669円まで上昇後、下降トレンド(B)の上値ラインにアタマを抑えられ、4月17日の574円、5月31日の576円と2点底をつけて反発し、6月21日に609円で買転換となり、下降トレンド(B)を上にぬけて7月21日に684円まで上昇して押し目となっています。
 
(4005)住友化学
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!