今週は、米朝関係悪化からの地政学的リスクを見極めるところ

今週は、北朝鮮の地政学的リスクの程度を見極めるところ

 今週も引き続き、北朝鮮をめぐる地政学的リスクがくすぶる展開が続くことになります。特に米朝応酬合戦の中で、北朝鮮が日本の上空を通過して米領グアム島沖に4発のミサイルを発射する計画を表明したことで緊張が高まっています。 決算発表がピークを通過する中、日米ともに夏季休暇をとる投資家や市場関係者が多く(特にアメリカは9月のレイバーデーまでは市場参加者は少ない)、商いが増加しない状況では下にブレやすくなります。19900~20300円のレンジの中で20000~20200円のもみあいが長く続いて、そのあとの9日(水)の▼257円の19738円の下放れですので、当面は2万円接近で戻り待ちの売り圧力が出てくることになります。下値は、どこまでかは地政学的リスクがどこまで高まるかによりますが、基本的に過去の経験則では、地政学的リスクによる株式市場の下落は一時的である場合がほとんどですので、大きく急落すればするほど買いチャンスとみることができます。目先のチャート上の下値は、5月18日の安値19449円であり、ここを終値で切ると19000円を試す動きが想定されます。又、トランプラリーがスタートした4月17日の18224円から6月20日の高値20318円までの上昇幅の半値押しが19300円水準(19271円)となります。11日(金)のシカゴ日経先物では19295円まで下げています。19449円を終値で守れば19500円水準で値固めして戻りを試す動きとなります。19500~2万円のレンジに入ることが考えられます。

 本日14日(月)は、米朝関係の懸念や円高・ドル安が嫌気され▼184円の19545円で寄り付き、一時▼243円の19486円まで下げました。その後は円高一服と日銀のETF買い期待を支えに下げ渋るものの、戻りは限定的で▼192円の19537円で引けました。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、米朝関係悪化からの地政学的リスクを見極めるところ