今週も、円高基調で上値重く、米7月雇用統計を控え様子見

今週も、円高基調の中、米7月雇用統計を控え様子見つづく

 今週は、先週末、北朝鮮のミサイル発射で地政学的リスクが生じ、稲田防衛大臣の辞任にともなう内閣改造があり、アメリカではトランプ政権への政策実行力への懸念など不透明要因多く、ドル売り・円買い基調となっていることで、引き続き日経平均は上値の重い展開となりそうです。19900~20300円のレンジの中で、2万円をはさんだもみあいとなっており、19900円を明確に切って引けると6月15日の安値19755円が下値ポイントとなってきます。足元の業績は好調で、決算も好決算銘柄が買われ相場をサポートしていますが、最高値更新を続けているアメリカ株式が何かのキッカケでいったん下落するようなことがあれば、日経平均も連動することになります。先週まで買い残高が7週連続の増加のため、現状の商いが増加しない中では、戻り待ちの売り圧力となってくることになります。今週末に7月雇用統計の発表を控えており、予想を上回れば再び追加の金利引き上げ観測が対台頭して、ドル買い・円売りとなって日経平均の反発も考えられますが、予想を下回れば金利引き上げ観測が後退し、ドル売り材料となります。

 本日31日(月)は、為替が1ドル=110円台前半の円高となったことで、一時▼67円の19891円と19900円を割り込みましたが、好決算銘柄の物色に支えられました。その後は方向感のない展開となり、上値は2万円を回復できず▼34円の19925円で引けました。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も、円高基調で上値重く、米7月雇用統計を控え様子見