今週は、FOMC後のコメントとナスダックの当面の動きに注目し様子見へ

(指標)日経平均

 今週の予測では、為替の110円台からみると日経平均の上値は重く、8日のコミー前FBI長官の議会証言やイギリスの総選挙で様子見となりそうだとし、証言内容が政治リスクを高めれば下落するもチャートからは下げれば押し目買いの形とし下値は19900円水準としました。

 結果的に、6月6日(火)は2万円を割り込み、その後6月8日(木)までは軟調な動きとなっていました。6月8日(木)は、1-3月期のGDPの下方修正や北朝鮮のミサイル発射もあり、一時19896円と19900円を割り込みましたが、終値では19909円と19900円を守り、週末は△104円の20013円と2万円台を回復して引けました。

 今週は、アメリカで13日(火)~14日(水)のFOMCで6月利上げがほぼ実施される可能性が高いが、これはすでに織り込み済みのため、今後のバランスシートの縮小や、年内利上げペースがどうなるのか見極めることになります。それによってアメリカ株式と為替の動きが変われば日経平均も連動することになります。方向性が定まらなければ主力株は動きにくく、これまでのように個人主体の相場となる可能性が強いと思われます。先週末にアメリカで主力テクノロジー株が急落していますので、買われ過ぎの調整が続けば日本のハイテク株にも悪影響となります。下値ポイント19900円→19800円→19600円。まず終値で25日移動平均線(現時点19835円)を守れるかどうかに注目。
 
日経平均06-12
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、FOMC後のコメントとナスダックの当面の動きに注目し様子見へ