どうしたニッポン!再論 ―中国産業技術の高度化、日本の沈没―

4、中国産業技術についての見方の刷新を

 中国の産業技術論については、モジュール型イノベーションの視点が必要というのが筆者の持論である。しかし、90年代から2000年代の初め、日本では「摺り合わせ」技術論が一世を風靡していた(藤本隆宏東大教授の提唱)。自動車は部品点数が多く、性能を上げるには部品間の組み合わせを最適にする職人技的な調整技術が重要という考えである。この「摺り合わせ」技術論の立場に立つと、日本はもの造りが得意で、国際競争力は強いということになる。逆に、中国の産業は低賃金依存だけであって、技術力を要する製品では国際競争力をもたないという帰結になる。

 エレクトロニクスの世界では、1990年代から、モジュール型イノベーションが進行し始めていた。筆者はこれを見て、当時から、中国の時代の到来を予測した(注)。部品(モジュール)を作るのは高度な技術が必要だ。しかし、それを組み合わせるのは熟練技術を要しない。極論すれば、プラモデルを組み立てるようなものである。したがって、摺り合わせ技術に劣る中国でも、モジュール化した部品を輸入して上手に組み立てればよい。自動車部品もエレクトロニクス化が進み、モジュール型イノベーションが進むとみた。多くの産業のモジュール型イノベーションが進行すれば、賃金の安い中国は輸出競争力が強まると考えたのである。

(注)拙編著『産業空洞化はどこまで進むのか-中国の挑戦・日本の課題-』日本評論社2003年参照。

 中国は「世界の工場」に発展した。結局は、各分野でモジュール型イノベーションが進行したからである。中国の技術水準が上がったというより、イノベーションの方向が中国に有利に働いたというべきか。摺り合わせ技術では日本のほうが上であろう。しかし、世界はモジュール型技術の方向に動いたのである。

 パソコン、自動車、さらに航空機の分野にも、モジュール型イノベーションが波及してきたのである。中国の産業技術を評価する場合、この点を考える必要がある。

 もう一つのポイントは、賃金上昇だ。中国は2005年頃に「ルイス転換点」を通過したという見方が有力だ。労働市場は賃金上昇が激しい。それを背景に、ロボット化も進行中だ。ロボット化に伴い、製品の品質も向上する。高い賃金と低い技術の組み合わせは、この世の中にない。

 また、自動車、航空機など、部品点数が多く、高度技術かつ裾野の広い産業の発達の効果が期待できる。中国は、自動車生産で世界一になった。さらに部品点数の多い航空機も量産化の時代が近い。中国はこれらの先端産業に引っ張られて、製造技術の高度化が進んでいくであろう。

 日本は、GDPが数倍も大きくなった巨大経済の国というだけではなく、技術的にも高度化していく国が、自国の隣りに誕生していくことを考えておく必要がある。日本の政治、経済、外交の進路を考える際の不可欠な視点であろう。それなくば、日本は世界の中で落ちこぼれていく。中国に対する見方、日本の中国論は転換が必要なのではないか。「嫌中」「反中」だけでは、虚勢を張っても、世界の孤児になりかねない。

(参考)
「どうしたニッポン!」筆者は早くから警鐘を鳴らしてきた。近年の「みんかぶマガジン」掲載に限定して小論をいくつか挙げておく。

1、拙稿「世界経済は中国サイクルか?」
  2009年8月12日 http://money.minkabu.jp/6156
2、拙稿「対中国輸出依存度30%の到来」
  2010年7月29日 http://money.minkabu.jp/12558
3、拙稿「どうしたニッポン!世界の中で沈む-世界貿易統計の分析から」
  2013年1月18日 http://money.minkabu.jp/37516
4、拙稿「5年後、日本のGDPは中国の5分の1‐アジア地域連携経済圏の形成か‐」
  2014年12月22日 http://money.minkabu.jp/48161
5、拙稿「日本の対中国ビジネスモデルの問題点‐ペティ法則的日中貿易‐」
  2015年12月18日 http://money.minkabu.jp/53483

なお、上記の諸論文は一部加筆して別紙に発表したものがある。

1 2 3 4

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> どうしたニッポン!再論 ―中国産業技術の高度化、日本の沈没―