相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1930)北陸電気工事

 四季報によると、北陸3県での民間ビル工事、北陸電力向け送配電線工事とも受注堅調。外注・労務費増を吸収。最高益連続更新。18年3月期も北陸電力のLNG基地関連本格化などで受注高水準。豊富な受注残を消化。配当性向は依然として低く増配継続も。超過勤務抑制、女性に配慮した設備充実など環境改善に力。民間受注増を柱に19年3月期経常益50億円以上狙う。
4月26日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益+1.1%の45.8億円、経常利益は+1.1%の47.3億円で着地。2018年3月期決算予想は、2017年3月期比で営業利益+0.3%の46億円、経常利益は+1.8%の48億円の見通し。
2014年5月9日の421円を安値に、急角度の上昇トレンド(A)を形成し、この中で2015年7月23日の1505円でピークをつけました。ここから下降トレンド(B)へ転換し、上昇トレンド(A)を切って2016年2月12日の715円まで下落しました。ここでいったん自律反発となって下降トレンド(B)を上にぬき、3月25日の997円まで上昇するものの再下落となり、7月8日の675円、9月13日の666円と2点底をつけました。ここからの上昇で11月21日の927円まで上昇後、850~928円のボックス相場(C)となっていましたが、5月15日に946円で買転換となって上放れしています。

(1930)北陸電気工事

(4220)リケンテクノス

 四季報によると、業務用ラップ絶好調。コンパウンドも海外好伸。会社計画は慎重。連続増配。18年3月期も業務用ラップ快走。コンパウンドも前期のアジアでの増設が通期で寄与。フィルムも赤字縮小。原料安恩恵後退しても営業益高原。連続増配期待。包装用機械メーカー、トレーメーカーなど広範な販路を活用し拡販。北米の塩ビ増設分は18年3月期中に本格稼働。
5月8日発表。2017年3月期本決算は、前年同期比で営業利益+15.3%の58.62億円、経常利益+18.3%の58.34億円で着地。2018年3月期予想は、2017年3月期比で営業利益+10.9%の65億円、経常利益+11.4%の65億円の増収・増益の見通し。
2012年10月15日の195円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、急角度の上昇トレンド(A)となり、この中で2014年1月16日の691円でピークをつけました。ここから中期の下降トレンド(B)入りとなりましたが、2016年2月10日の313円で底打ちとなり、上昇トレンド(C)に転換して、下降トレンド(B)を上にぬけ、今年の1月30日に577円まで上昇して4月17日の490円まで押し目を入れ、好決算を受けて5月10日に566円で買転換となっています。

(4220)リケンテクノス

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!