目先は円安要因多い相場環境で、近いうちに2万円達成か

(指標)NYダウ

 先週の予測では、ヨーロッパの政治的リスクや北朝鮮の地政学的リスクへの懸念が後退し、好決算も続いていることで上値を試す動きとなっているとしました。ただしトランプ政権の政策の不透明感もあり一方的に上昇していく状況ではないとし、5月2~3日のFOMCで6月利上げの可能性が示唆されるのか注目としました。

 結果的には、5月1日(月)から5月4日(木)までは、20950ドル前後でのもみあいが続きましたが、週末の5月5日(金)は4月雇用統計の結果が予想を上回ったことで△55ドルの21006ドルと約2ヶ月ぶりに21000ドル台を回復しました。FOMCでは、6月利上げを示唆する内容となり、4月雇用統計も予想を上回ったことで6月利上げの確率は高くなり、そうなると当面のNYダウの上値は重くなると思われます。

 先週のアメリカ市場は、これまで上昇の懸念材料だったフランス大統領選と北朝鮮の地政学的リスクが大きく後退し、米連邦予算の成立を好感して週末は3月30日以来の21000ドルを回復しました。週末の雇用統計も予想を上回って経済の堅調さは問題ないことから6月利上げの見方の確率が高まってきました。

 今週は、株価は景気の堅調さは上昇要因であっても利上げはマイナス要因ですので、天井圏で好悪の材料でもみあう展開になる可能性があります。但し、気になる材料として5月5日に一時43ドル台まで急落した原油価格の動きがあります。さらに原油価格が下がるようだと株価の足を引っ張る可能性もあります。
 
NYダウ05-08
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 目先は円安要因多い相場環境で、近いうちに2万円達成か