今週は、政治リスク警戒もあり引き続きこう着状態へ

(指標)日経平均

 先週の予測では、チャート上は終値での昨年来高値(1月4日の19594円)を更新する19604円で引けたことで、3月2日のザラ場での高値19668円を終値でぬけてくると明確な上放れとなって2万円が意識されるとしました。しかしFOMCの利上げ後の今後の追加利上げのペースがどうなるのかの発表に注目としました。下値は19434円の3月SQ値が下支えになるともしました。

 結果的には、3月13日(月)の19633円が目先の上値となって19668円をぬけることができず3月15日(水)のFOMCでは予想通りの0.25%の利上げ後は、追加の利上げは年4回ではなくこれまでの年3回の利上げ見通しとなって次回は年後半の9月頃ですので、いったんドルが売られる展開となりました。週末の3月17日(金)には1ドル=113円台前半の円高を嫌気し▼68円の19521円で引けました。

 3月17日(金)のアメリカ市場では、FOMCの年内の利上げペースの加速化の思惑がハズレたのを受け、金利先高感が目先は後退し、ドルが112円台まで売られ日経先物は▼55円の19295円となっています。日経平均ベースでは約19425円に相当します。

 今週は、先週に引き続いて為替の円高へのブレに影響を受けて、再び19100~19600円のボックスの中でのもみあいとなりそうです。期末要因で商いが膨らみづらく、又、「森友学園問題」で政治リスクを懸念した外国人買いも縮小する可能性があり不透明要因が続くことになります。

 連休明けの本日は、円高とアメリカの保護主義への懸念から▼105円の19416円で寄り付き、一時▼184円の19337円まで下落するものの売り一巡後は下げ幅を縮小し下げ渋って▼65円の19455円で引けました。
 
日経平均03-21
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、政治リスク警戒もあり引き続きこう着状態へ