相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5204)石塚硝子

 四季報によると、窯更新、付帯修繕費用増でガラス瓶厳しい。が、稼ぎ頭のPETは顧客深掘り成功。燃料安の恩恵が想定超。前号から営業減益幅縮小。為替差損。中国事業整理特損。18年3月期は窯更新による燃費効率改善で償却増をカバー。営業益微増。需要減でガラス瓶は窯更新を機にライン若干削減、生産縮小へ。17年度は縦割り営業体制見直し販売活動を効率化。

 1月31日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は2016年10月24日時点の-26%の22億円から-9.2%の27億円、経常利益は-46.8%の10億円から+24.7%の23億円に上方修正。

 2012年10月11日の125円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて大幅上昇となり、2013年12月5日には422円の高値をつけました。ここをピークに買われすぎからの急落となり、2014年10月31日の154円まで下落し、12月17日の155円をダブル底に反発となって12月24日の336円まで上昇するものの、ここが戻り天井となり下降トレンド(B)へ移行しました。この下降トレンド(B)の中で2016年6月24日の142円、8月19日の143円とダブル底となって反発し、上方修正を受けて下降トレンドを上にぬいて今年の2月7日に261円まで上昇し、もみあって2月27日に236円で短期の売転換となって押し目を形成しています。
 
(5204)石塚硝子
 

(8624)いちよし証券

 四季報によると、自社調査に基づく提案営業が奏功、投信販売は底堅い。ただ基準価額下落で信託代行報酬が想定より落ち込む。前号の横ばい予想から一転、営業減益に。18年3月期は市況改善前提に株委託手数料が復調。20年3月末に預かり資産3兆5000億円目標(現1兆6532億円)。達成は独自の投資一任商品拡販がカギ。中小型株の調査力生かし、上場幹事獲得も推進。

決算予想データは発表なし。

 2012年10月11日の363円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、2013年12月30日の1770円まで上昇。ここをピークに短期の下降トレンド(A)となって2014年5月20日の1161円まで下落、ここから反発し6月23日の1476円の戻り高値をつけ、上下動となって11月4日の1455円、2015年3月9日の1424円と順下げの戻り三尊天井となって下落し、下降トレンド(B)へ移行しました。この中で2016年7月6日の697円、11月9日の708円とダブル底に近い2点底となり反発となって、12月12日に973円まで上昇するものの、下降トレンド(B)の上値斜線にアタマを抑えられ、今年の2月27日の865円まで押し目を入れ、3月10日に917円で買転換となって下降トレンド(B)を上にぬける動きとなってきています。
 
(8624)いちよし証券
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!