相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8253)クレディセゾン

 四季報によると、不動産大口売却ない。ただ地銀・信金向け信用保証、投資用マンションローン2ケタ増。クレジットもキャッシング足踏みでもショッピング増。会社計画線の営業益復調に。和解金特益。18年3月期はショッピングと信用保証が牽引。純益正常化。アップルペイ対応を開始。利息返還処理件数は今期月1800件と漸増だが、引当金積み増し計画ない。

 2月8日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益+14.8%の420億円、経常利益+14.2%の500億円の増収・増益見通し。

 2015年7月14日の2836円の高値から下降トレンド(A)を形成。この中で2016年7月8日の1596円、8月3日の1599円とダブル底をつけ、上向きの先細三角形(B)となって、上向きの先細三角形(B)及び、下降トレンド(A)を上放れし、12月12日に2256円の戻り高値をつけました。ここから今年の1月24日の2001円まで押し目を入れ、もみあったあと2月10日に2160円で再度の買転換となっています。
 
(8253)クレディセゾン
 

(6937)古河電池

 四季報によると、主力の産業用は前期の海外鉄道案件剥落で数量減。が、自動車用がタイの生産増強寄与し伸びる。鉛相場下落で原価改善。円高による海外目減りをこなす。営業益続伸。連続増配。18年3月期は自動車用が伸び続く。鉛相場安一服。営業増益小幅。タイは販促強化し認知度向上、自動車電池のシェア拡大に全力。インドネシアは販売網の拡充へ、地元代理店開拓。

 2月2日発表。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は+12.7%の33億円、経常利益は+7.0%の31億円の増収・増益見通し。マグネシウム電池とリチウム電池の材料を合わせもっている。

 2012年10月11日の320円を底値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇に転じ、2014年1月9日には1220円の高値をつけました。ここから調整入りとなって5月21日の581円まで下げ、ここでもみあったあと8月8日の625円を2番底にして、EV(電気自動車)の電池関連で暴騰し、9月4日の1660円の高値をつけました。ここをピークに調整入りとなり10月17日の902円まで急落したあと、11月27日の1173円まで自律反発したあと、1173円を上値の基点、902円を下値の基点とする下向き先細三角形の下げとなりました。この中で2016年8月3日の564円を安値に9月6日に583円で買転換となって上放れし、10月11日に755円まで上昇してもみあいとなり、10月17日の668円、11月9日の660円を2点底にして11月30日に846円まで上昇して押し目を形成しているところです。
 
(6937)古河電池
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!