10日の日米首脳会談までは、為替を横目にしての相場展開

10日の日米首脳会談を前に、動きにくい展開

 今週は、10日(金)の日米首脳会談を控えた様子見の中、トランプ大統領の発言に警戒感が高まりやすく、下値は堅いものの上値も重い展開が続くことになりそうです。先週のマティス国防長官との会談では在日米軍駐留経費の負担増に関する言及はなく、尖閣に対する姿勢もこれまでと同じだと明言されたことでとりあえず日本にとっては一安心となりました。あとは、トランプ大統領が日本の為替政策を批判していますので、今後の円安の方向は日米首脳会談を待つということになります。アベノミクスにとっての中心は円安ですので、この方向性がぶれるとアベノミクスは困難なことになります。アメリカの今後の景気上昇を考えるとドル高方向ですが、米国内に製造業を移す方針からいうと輸出のためにはドル高ではなくドル安ですので、日米首脳会談で為替のことにどう言及するのか注目となります。18800~19400円のレンジ内でのもみあいとなりそうです。

 本日は、先週末のアメリカ株高を受け△151円の19069円で始まり、一時△157円の19075円まで上昇するものの、為替の円の強含みで伸び悩み18899円まで下げる場面もありましたが、その後、円の伸び悩みで持ち直し△58円の18976円で引けました。材料不足のため為替をみて日経平均の指数が動くという方向感のない展開となっています。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 10日の日米首脳会談までは、為替を横目にしての相場展開