相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6773)パイオニア

 四季報によると、OEMは客先の車種切り替え響き減少。ただ市販にはモジュール化で原価低減の新機種が後半寄与。営業益上向く。為替差益。18年3月期は一部OEM新規案件開始。採算よい市販は新機種通期寄与。17年3月期フリーCFは160億円の赤字、期末借入金は期初計画より増え390億円に。カーナビ利用した運転者への注意喚起システムを16年秋発売。

 2016年11月10日時点。2017年3月期予想は、前年同期比で営業利益は+9.5%の80億円、経常利益は-3.4%の70億円となっています。自動車向けエレクトロニクス専業、自動運転関連。

 2014年9月3日の352円の高値からの調整で2015年8月25日の203円で目先の底打ちとなり、ここから再上昇となって11月30日の392円で高値更新となりました。ここをピークに下降トレンド(A)入りとなり、この中で2016年7月8日の162円で底打ちとなり、8月3日の178円を2番底に反発となって11月1日の266円まで上昇後は、10月3日の214円を安値とする下値切り上げの直角三角形の保ち合いとなっています。この中で11月1日の266円、今年の1月6日の269円と2山形成しており235円を終値で切らずに反発して269円を終値で上回れば一段高の形といえます。
 
(6773)パイオニア
 
東証二部(6042)ニッキ
 四季報によると、米国向け汎用機器は数量増でも円高が足引っ張る。新機種投入の遅れも痛い。主力のガス機器も韓国向け減退、国内も厳しい。前号より営業減益幅拡大。営業外で為替差損。13円配維持。18年3月期は海外向けガス機器が底打ち、利益向上。ロシア進出自動車メーカー向けトラック用CNG機器のシステムを開発。新興国向けガス機器の廉価製品も開発へ。

 1月27日決算発表。2017年3月期予想は、前年同期比で10月31日時点の営業利益は-60.1%の2.9億円から-42.2%の4.2億円へ、経常利益は-62.6%の2.5億円から-31.1%の4.6億円に上昇修正。

 2012年9月5日の207円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、2013年4月15日の428円まで上昇。ここからいったん調整入りとなるが11月14日の272円、2014年4月15日の288円と2点底をつけて急伸し、9月16日に480円の高値をつけました。ここをピークに10月10日の394円まで下げたあと終値ベースで416~452円のボックス相場(B)となり、このもみあいの中で2015年3月23日の453円を高値に5月14日に423円で売転換となり、下放れして2016年1月21日に300円の安値をつけました。ここからもみあいながら、ゆるやかな上昇となって6月10日に364円まで上昇するものの再下落となり、11月9日に300円まで下げて反発に転じています。11月27日に上方修正となっていますが出来高が少ない銘柄ですので大きく上昇したら早目の利食いが必要です。
 
(6042)ニッキ
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!