今週は、海外投資家はクリスマス休暇で高値圏でのもみあいへ

(指標)日経平均

 先週の予測では、12月13~14日のFOMCの利上げを受けて相場が一服するのかどうか注目としました。ただし、下げてもトランプ政策への期待、円安基調、原油価格の上昇のためさらに上値を試すところとしました。

 結果的に、FOMCは利上げを決定し、来年の金利見通しを年2回から3回へとしたことでドルが115円台→117円台まで買われ、日経平均にとってはプラス材料となり9日続伸となり7日連続の年初来高値となって19401円で引けました。

 先週もテクニカル的な過熱感を無視して上昇が続き、外国人買いによる需給関係の強さが目立ちましたが、今週はクリスマス休暇から資金流入が減少しますので、相場のけん引力が主力株から中小型株へと移る可能性があります。ローソク足をみても先週の5日間は年初来高値更新ですが、そのうちの4日間は陰線を形成しており、上値では利益確定売りが多くなっていることを示しています。円安がそのまま継続すれば上値を追うことも想定されますが、そうでなければ高値圏でのもみあいとなりそうです。

 本日19日(月)は、先週末のアメリカ株安と円の強含みを受けて▼55円の19345円で寄り付き、一時▼94円の19307円まで下げるものの、後場になると日銀のETF買い期待から下げ渋り▼9円の19391円で引けました。出来高17億3743万株、売買代金2兆1437億円と大きく減少しました。
 
日経平均12-19
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、海外投資家はクリスマス休暇で高値圏でのもみあいへ