イタリア国民投票の焦点

金融市場、次の大きな懸念

 2016年は、ブレグジット、米大統領選という大きな懸念材料を、市場は乗り切った。11月30日にはOPECが減産で合意し、非OPECのロシアも協力姿勢を示した。それを受けて、原油価格は50ドル台を回復した。12月の米の利上げは既に織り込まれており、このまま株高、円安が継続するのだろうか? 

 とはいえ、2017年にはオランダ総選挙、フランス大統領選挙、ドイツ連邦議会選挙が控えている。ブレグジット、米大統領選の流れを受けて、既存システムを拒絶する勢力が勝利すると、ユーロ圏、欧州連合の土台を揺るがしかねない。

 フランスのオランド大統領は1日夜のテレビで、2017年4~5月の大統領選に出馬しないと表明した。同氏は「十分な支持を得られないリスクを認識している」と述べ、支持率が10%台に低迷する中、出馬しても勝つのは難しいと判断したとみられている。

 いやその前に、この12月4日にオーストリアの大統領選挙の決選投票が、また、イタリアでは憲法改正をめぐる国民投票が行われた。イタリアの国民投票の結果によっては、2017年半ばには、イタリアも総選挙を行い、ユーロ圏離脱の国民投票を行う可能性が浮上するのだ。共に結果は5日午前中にも判明する。

全文は以下のページから:
イタリア国民投票の焦点~欧州から逃避する巨額マネーは日本に向かうか?
http://www.mag2.com/p/money/28324

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> イタリア国民投票の焦点