今週は、過熱感のある中、週後半にOPEC総会、11月雇用統計もあり利益確定優勢の週

(指標)日経平均

 先週の予測では、日米ともに休日をはさんでいることや、高値警戒感から利益確定売りが出やすいことで、トランプ新政権への期待の間でもみあいを想定し、17800~18300円の中で18000円水準の下値固めを想定しました。

 結果的には、トランプ政策の期待を背景にインフレへの思惑から長期金利が上昇し、又、12月利上げが確実視されていることで大幅なドル高・円安となり、アメリカ株式の4指標が連日の史上最高値更新となったことで、日経平均も4営業日プラスとなり、週末の11月25日(金)は、18482円まで上昇して△47円の18381円で引けました。

 ほとんどのテクニカル指標が過熱感を示す中、為替の大幅な円安を受け輸出企業中心に買われていますが、円安が一服する局面あれば、いったん調整になってもおかしくないところです。日経平均は前場の終値ベースで年初来高値を更新しましたので、11月30日のOPEC総会で減産合意できなければドル売り・円買いとなって調整の可能性もあります。アメリカはクリスマス商戦が期待されていますので、アメリカ株式が堅調であれば日経平均は下げても、大きな円高にならない限り下値は限定的だと思われます。

 本日28日(月)は、前場は為替の円安一服から利益確定売りとなり、18222円まで下げて▼146円の18234円で引けました。しかし後場になると円安気味となり、日銀のETF買いが観測されたことで下げ幅を縮小し▼24円の18356円の8日ぶりの小反落となりました。
 
日経平均11-28
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、過熱感のある中、週後半にOPEC総会、11月雇用統計もあり利益確定優勢の週