相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3291)飯田グループホールディングス

 四季報によると、IFRS適用でのれん代消え、営業益約100億円押し上げ。事業の約9割占める戸建ては4万1550戸(前期比7%強増)引き渡し計画。値引き抑制も効き1棟単価上昇。純益2割増益。連続増配。20年以降を見据え、中古アパートの買い取りやリフォーム、賃貸経営など、さまざまな事業領域の範囲拡大を模索。戸建ては躯体の高耐震性能を訴求。

 8月12日決算発表時点。2017年3月期予想は前期比で営業利益+18.4%、経常利益+19.2%の増収・増益。5月13日時点の予想と変わらず。不動産事業(戸建分譲、マンション分譲など)

 2014年10月21日の1038円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で2015年8月18日の2459円の高値をつけたあと、上昇トレンド(A)を切って9月16日の1780円まで下落。その後、1782~2439円のボックス相場(B)へ移行。ボックスの下限で買って上限で売り投資法となります。このボックス圏の中で、今年の5月25日の2443円の高値から短期の下降トレンド(C)を形成し、この中で8月22日の1750円まで下げて反発し11月1日の2070円で買転換出現。
 
(3291)飯田グループホールディングス
 

(4319)TAC

 四季報によると、代理店解約で税務申告ソフト収入消滅。が、法人研修が増加。個人講座も税理士等除き全般堅調。出版は旅行ガイド本が出足好調。制作・販促費増を補い営業増益。有証運用益見込まず。解約関連特益。 医療事務人材派遣では、関東が登録者と派遣先とのマッチングで苦戦。紹介対象を看護師まで拡大。司法試験手始めに、人気講師によるライブ中継クラス新設。

 8月3日決算発表。2017年3月期予想は、前期比で永営業利益+37.2%、経常利益+21.3%の増収・増益。5月13日時点の予想と変わらず。

 2012年7月25日の120円で底打ちとなり、もみあっている中で11月9日の128円を安値にアベノミクス相場にサポートされて12月20日に145円で買転換となり、上昇トレンド(A)を形成。この中で2014年1月22日の499円まで上昇し、ここでピークとなって調整入りとなり、5月20日の231円まで下落しました。ここで反発するものの再下落となって2015年7月9日の204円まで下げたところで急反発となり、8月7日の357円まで上昇しました。ここからは231円を安値とし357円を高値とする下向きの先細三角形の形成となりました。この中で今年の2月12日の167円を1番底、6月27日の176円を2番底、8月22日の184円を3番底にして、短期の上昇トレンド(C)を形成しており、10月24日に211円で買転換となって直近の高値5月18日の217円を上回って10月27日に222円となりました。形としては順上げの3点底を確認したことになります。
 
(4319)TAC
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!