S&P 500月例レポート(2016年9月配信)

投資家が押さえておくべきポイント
 8月の重要なポイントは以下の通りです。

==> 2016年第2四半期決算はまずまずの内容となり、高いバリュエーションを支えるとともに、売上高で一定の前進が見られ、市場の最高値更新を後押ししました。しかし・・・
o PERは引き続き高水準にあり、2016年第3四半期はさらなる増益が求められます。
* 小売会社の決算は強弱まちまちで、新学期シーズンを迎え懸念が浮上しています。
o エネルギーセクターの決算は6四半期連続で赤字となっています。中には不良資産の処分により対応し、低迷の流れに逆らう企業もありました。
* エネルギーセクターは原油価格の下落傾向にもかかわらず、2016年第3四半期は黒字への転換が予想されています(これこそ予想が予想と呼ばれる所以です)。

==> 経済指標は引き続き概ね明るい内容となりました。住宅関連指標で好調が続き、力強い内容となった新築住宅販売件数が市場に相対的に大きな影響を与えました。
o 雇用統計の非農業部門就業者数は5月の低調な数字(3万8,000人増)の後、2カ月連続で力強い内容となりました(6月が29万2,000人増、7月が25万5,000人増)。
* FRBにとって、8月の雇用統計が(2016年9月2日発表)が極めて重要です。

==> FRBは二面的な発言を続けました。
o 利上げの論拠が「ここ数カ月で強まった」が、「我々の判断は常に、今後入手されるデータが引き続き(FRBの)見通しをどの程度裏付けるかにかかっている」。
o ジャクソンホールでの経済シンポジウムは8月の出来高同様、盛り上がりに欠けました(金利は若干上昇しましたが)。
o FRBが利上げを決定するにはメンバーの圧倒的多数の支持が必要でしょうか、それとも、コンセンサスで十分なのでしょうか?

==> 8月は他の中央銀行も政策対応しました。
o イングランド銀行は2009年以来となる利下げを行い、政策金利を0.25%引下げ、同中銀の322年の歴史の中で最低となる0.25%としました。

==> 英国のEU離脱はあまり話題になりませんでした。
o 2016年11月8日のイベント(米大統領選挙)も、翌日には忘れてしまうというのはどうでしょうか?

==> 7月に1バレル40ドルを試す水準に下落していた原油価格は、大きく上昇して50ドルを狙う展開となり、前月よりも50ドルに近い水準(44.72ドル)で8月の取引を終えました。

==> 「昔々、はるか彼方の銀河で(実際には今年6月)」、VIX恐怖指数は26を上回る水準でした。
o 8月には7月の11.87から13.72まで上昇したものの、今後(VIX恐怖指数で見た)ボラティリティはそれほど見込まれません。

==> 強気派が前進し続けましたが、8月半ばにはほぼ全員がビーチに向かったようです。

==> 1日に1%変動した日が2016年7月8日(1.53%)以降ないものの、7月8日以降に108銘柄が10%上昇し、20銘柄が10%以上下落しています。
o 銘柄選択が見物となる局面です。

==> S&P500指数は8月に0.12%下落し(配当込みのトータルリターンは0.14%)、過去3カ月では3.53%上昇(同4.10%)、年初来では6.21%上昇(同7.82%)、過去1年間では10.08%上昇(同12.55%)となり、終値での最高値である2,195.15(2016年8月15日に記録)から0.96%低い2170.95で8月を終えました。
o 8月にS&P500指数は3度にわたり過去最高値を更新しました(8月5日の2182.87、8月11日の2185.79、8月15日の2,190.15)。また、8月15日には取引時間中の最高値となる2,193.81を付けています。

==> 2016年9月16日の取引終了後に、S&P500指数の28の不動産銘柄が金融セクターから分離され、新たに不動産セクターとなり、世界産業分類基準(GICS)の11番目のセクターがスタートします。
o 2016年9月16日はクアドルプル・ウィッチングデーにあたる上、S&Pによる四半期毎のリバランスと1年毎の浮動株数の変更も行われるため、面白い一日となりそうです。

==> 昨年と比べてM&Aは減少していますが、昨年は記録的な年でしたが、今年も好調であることに変わりはありません。
o 一方、新規株式公開(IPO)は低調な状態が続いていますが、今後の公開予定は増加しつつあります(企業が指摘しているように、市場環境に左右されます)。

==> その他の注目材料は以下の通りです。
o ヘルスケア企業の間で医療制度改革法(ACA)に基づく保険事業からの撤退が続いています。
o OPECが9月26~28日にアルジェリアで会合を開く予定ですが、トレーダーの間では4月の会合の「第二幕」とならないことが期待されています。
o EIAは2017年の石油需要の増加見通しを日量120万バレルに下方修正し(従来は130万バレル)、生産活動の「大幅な」活発化には原油価格が60ドルになる必要があるとの見方を示しました。

 Fordが2021年までに完全自動運転車を実用化する計画を発表しました。配車サービスや宅配サービス向けに供給する予定です。

8月のフューチャー・ショック:
 過去の実績を見ると、9月は44.3%の確率で上昇しており、上昇した月の平均上昇率は3.43%、下落した月の平均下落率は4.71%で、全体の平均騰落率はマイナス1.05%となっています。

FOMCの会合:
 9月20-21日※、11月1-2日、12月13-14日※(米国大統領選の投票日は11月8日)、2017年1月31日-2月1日、3月14-15日※、5月2-3日、6月13-14日※、7月25-26日、9月19-20日※、10月31日-11月1日、12月12-13日※、2018年1月30-31日。

※議長の記者会見が通常、米東部時間午後2時30分に行われます。また、四半期毎の経済見通しの改定が2時に発表されます。
 
zu7
 

ハワード・シルバーブラット
S&P ダウ・ジョーンズ・
インデックス
シニア・インデックス・アナリスト

本翻訳は、英文原本から参照用の目的でS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(SPDJI)が作成したものです。
SPDJIは、翻訳が正確かつ完全であるよう努めましたが、その正確性ないし完全性につきこれを保証し表明するものではありません。英文原本についてはこちらをご参照ください。
HTTP://WWW.SPINDICES.COM/RESOURCE-CENTER/THOUGHT-LEADERSHIP/MARKET-COMMENTARY/

 
 

免責条項

著作権® 2015年 マグロウヒル・フィナンシャルのグループ会社、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLC。不許複製S&P Indices Market Attributes、S&P、S&P Indices、S&P 500、S&P GSCI、S&P WCI 及びSTANDARD & POOR’Sは、スタンダード&プアーズ・ファイナンシャル・サービシーズLLCの登録商標です。「ダウ・ジョーンズ」は、ダウ・ジョーンズ・トレードマーク・ホールディングズLLC(以下「ダウ・ジョーンズ」)の登録商標です。本資料の全体または一部の再配布、複製、そして(または)複写を書面による承諾なしに行うことを禁じます。
 


みんなのETF

1 2 3 4 5

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500月例レポート(2016年9月配信)