相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1916)日成ビルド工業

 四季報によると、システム建築がコンビニ店向けに好調。立体駐車場も伸長。昨12月のマンション一棟売りもあり大幅増益。17年3月期は京都マンション(60億円弱)消え、開発は大幅反落だが、主力のシステム建築が好調持続。駐車場も加勢し営業益小幅増加。
横浜で用地取得し、ホテル開発に向け計画推進。タイ、インドネシアで駐車場案件を受注。海外強化の基盤づくり進む。
2月10日決算発表。2016年3月期業績予想は営業利益、経常利益、前期比2ケタ増変わらず。
2012年11月13日の152円でアベノミクス相場がスタートするものの、2013年の5月7日の221円を高値に反落となり、6月7日に141円の安値をつけ、ここが2点底となって上昇トレンド(A)を形成しています。この中で2014年10月14日の253円を安値に角度の大きい上昇となって2015年8月18日に442円の高値をつけました。ここをピークに調整となって今年の1月21日の335円、2月12日の330円と2点底となり、ここからの反発で短期の下降トレンド(B)を上にぬけて、3月24日に417円の戻り高値をつけました。

(1916)日成ビルド工業

(8005)スクロール

 四季報によると、衣料は暖冬も響き苦戦。雑貨も夏カタログ刊行やめ縮小。ただ採算改善。独自の化粧品が伸長。会社計画なお慎重。17年3月期も国内ドラッグストアや海外代理店経由も含めて化粧品が拡大。引き続き広告宣伝費の効率化が効く。営業増益。
先行投資的な広告宣伝費は総じて一段落。独自の豆腐由来の化粧品はテレビCMを昨秋から機を見て断続的展開。
1月29日決算発表。2016年3月期予想を営業益、経常益ともに上方修正。
2011年6月13日の238円を安値とする中期ボックス相場(A)の中で、2014年10月29日の244円を安値にボックス圏を上放れとなって急騰し、2015年8月17日には549円まで上昇しました。ここから調整となって9月8日の379円まで下げ、9月29日の378円をダブル底にして上昇となり10月20日には589円と高値を更新しました。ここをピークに下降トレンド(B)入りとなり今年の1月21日の354円で底打ちとなって2月2日の460円まで反発し、ここから2月12日の360円まで下げて2点底となって反発しましたが、日経平均の急落につれ安し反落となっています。

(8005)スクロール

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!