相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1980)ダイダン

 四季報によると、単体受注1400億円(前期1303億円)。再開発案件や医薬品向け増。受注時採算改善し増益。増配。17年3月期は繰り越し残豊富。施工進捗。提案営業強化。販管費増懸念だが、営業益高原。

 2次電池製造工場向け低露点室の消費エネルギーを最大50%削減。低露点領域の局所化と併せて提案強化。再生医療用の低コスト細胞加工施設の営業注力。

 3月22日発表。2016年3月予想を営業益、経常益ともの上方修正。

 安値圏での三角保ち合いの中で、その煮詰まったところの2012年11月9日の456円を安値に上放れとなり、ゆるやかな上昇トレンド(A)の中で、2014年1月6日の594円の高値をつけました。2月6日の504円まで押し目を入れ、角度の大きい上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で10月17日の568円を安値に急角度の上昇トレンド(C)となって2015年6月5日の923円の高値となりました。ここから8月26日の725円まで下落したあと、再上昇となって11月25日に957円と高値更新となりましたが、ここをピークに急落となり、今年の2月12日には677円まで下げて2点底となり反発して、もみあい2月24日に710円の安値をつけたあと、3月23日に760円で買転換となりました。
 
(1980)ダイダン
 

(6951)日本電子

 四季報によると、電子顕微鏡は円安下に海外活発、シーメンス向け医用機器も再拡大。前号より営業増益幅拡大。有証売却益も。増配。17年3月期は中国含め顕微鏡なお高水準だが単価競争と円安一服で採算低下。医用新製品や核磁気共鳴加算でも営業益小反落。

 15年度利益は中計満願。新中計も横串作戦での製品充実・低シェア品挽回・設計から消耗品までのサービス拡大が柱。

 2月12日決算発表時点。2016年3月期予想は2ケタの増収・増益変わらず。

 2014年5月21日の317円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で12月8日の645円の高値をつけてボックス相場となり、2015年7月29日の500円をダブル底にして反発し、上放れとなって12月2日には836円まで上昇しました。ここをピークに原油安、中国懸念からの日経平均の急落につれ安し、今年の1月22日に631円まで下落して、2月2日の726円まで自律反発するものの、再び急落となって上昇トレンド(A)を下に切り、2月26日の494円まで下げてもみあっているところです。
 
(6951)日本電子
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!