今週から来週にかけて18000円を目指す展開の可能性も

<今週は、まずは17500円を試す動きへ>
 今週は、15日(火)~16日(水)に日銀金融政策決定会合、16日(水)~17日(木)にFOMCのほかアメリカでは2月の経済指標の発表が相次ぎます。基本的に日銀金融政策決定会合やFOMCは現状維持の見方が多く、相場に影響を与える可能性は少ないものの、FOMC後のイエレン議長の会見で年内利上げの時期や回数を予想させるようなものがでるのかどうかが注目となります。ただし、2月の経済指標の改善が相次げば早期の利上げは高まることになりアメリカの株価の上値を抑えます。

 イベントが通過すれば、アク抜け感で日本株に対する警戒感も薄れていくものの、日経平均は大きく上昇していくには早い段階で1ドル=115円台を回復する必要があります。115円をこえない円高が継続すれば輸出企業の来期の業績予想にマイナスの影響がでて、中国経済の不透明要因を考えると輸出企業がなかなか上昇できないと思われます。そうなると内需株中心にどこまで日経平均が上昇できるのかとなり、日銀の追加緩和を期待せざるをえないことになります。

 日経平均のチャートをみると、17042円を終値で上回ると、ろく買という追加の買法則がでて一段高の可能性があり、この場合2月1日の高値17905円までは価格帯別、出来高は薄く真空地帯のようなものといえますが、市場ボリュームが増加しなければ、外部環境次第で投資筋に振り回される展開も考えられます。

 本日は△294円の17233円となってろく買が出現し、先高感の高い形となりました。多少の悪材料がでても上下動を繰り返して上値を試すことが想定されます。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週から来週にかけて18000円を目指す展開の可能性も