25日線をぬけなければ16000円水準でのもみあい継続

<今週は、25日移動平均線を上回ることができるかどうかに注目>
 今週は、先週末のG20の結果を受けて株式市場がどう動くのかをみることになります。声明文では、市場混乱に危機感を招き、「世界経済の安定に向けて各国が政策を総動員する」としましたが、具体的な対策は各国にまかされ協調というよりも駆け引きという状況で収束はみえませんでした。アメリカでは10~12月期のGDPの改定値が予想を上回り、消費統計でインフレ関連指標が予想を上回ったことで、経済は堅調との見方から早期の追加利上げ観測が高まり、一時、1ドル=114円をつける円安となり相場の上値を抑える結果となりました。G20では、各国が通貨安競争を回避するということもG20の声明にもられたことから、日銀の追加緩和は当面できにくくなったといえます。アベノミクスによる日経平均の上昇は、円安・株高という流れですので、アメリカの追加緩和観測による日米金利差拡大期待から円安を待つということになります。日本政府が2016年度補正予算を具体的に打ち出せば株高が円安を誘導することも想定されますが、そのためには、まず目先上値となっている25日移動平均線(29日前場16508円)を上にぬく必要があります。

 本日は、前場はG20の声明や円安を好感し△124円の16313円で寄り付いて16464円まで上昇するものの、2月26日の16472円を抜けなかったことや、中国株式が大幅安となっていることで上げ幅を縮小し△66円の16255円となりました。後場になると買い先行で始まるものの上げ幅を徐々に縮小し先物の売りをきっかけにマイナスに転じ▼161円の16026円で引けました。

出島式ズバ株投資情報ブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 25日線をぬけなければ16000円水準でのもみあい継続