いま、東京市場では、なにが起きているのか?

マイナス金利を巡る議論は、混乱

 
 一方、日銀のマイナス金利政策は、本来、危機回避通貨としての円高を抑制するため、そして、量的緩和の有効性を担保するための施策であったが、こちらは、短期的には思惑をはずしている。なぜなら、この政策によって、米国の金利上昇がやりづらくなり、そのことが、結果として円高につながったからだ。
 
 量的緩和ならいざ知らず、日本の名目金利の低下とイールドカーブの低下は、米国金利上昇の可能性をさらに下げることに直結する。欧州と日本がマイナス金利政策を選択する中、米国だけが金利を上げれば、ドルは一人勝ちとなる。しかし、ドル高が進めば、中国との経済戦争には不利になり、原油の実質輸出価格は下落する。この不利益を考えるとき、米国は金利引き上げに対して慎重にならざるを得ないのだ。
 
 ここで、日米の金利差が問題なら、日本のマイナス金利で米国金利が下がりづらくなったとしても、円高にはならないだろう、という議論もあるかもしれない。しかし、運用者サイドから考えると、ゼロ近傍の政策金利がマイナスになったとしても、実務的な調達金利が下がるとは思えない。一方で、 米国金利が下落しない、ということは、期待レートが変わるので、逆に、実務的な意味での日米金利差は縮小し、円高へと動く要因となる。
 そして、この予想外のドル安と原油安で、東京株式市場は動揺した。
 
 しかし、例えば、マイナス金利で銀行の収益が圧迫され、信用不安が起こる、などという予測は、銀行系アナリストの政策的な発言、あるいは、銀行業務を熟知するが故の不安が言葉になったと言って良いだろう。確かに銀行は、一つのお小遣いのもらい先を失うかもしれないが、それですぐに信用不安になるような経済のメカニズムにはなっていない。マイナス金利を導入しているヨーロッパで、ドイツ銀行の収益悪化がこれを連想さえている、などという人もいるが、もしそうであれば、それこそがデマであり、市場に無用な混乱を与えている。
 
 また、経済学者はここへきて、古い金利平衡説などを唱え、「金利が下がるほうが、通貨は上昇するのは当たり前」などと言い出したが、これには開いた口が塞がらない。そんな突然に、市場の流れは何十年も逆戻りしない。
 

3つのメドと、本当のパニック

 
 WTI=20$
 日経225=14000円
 1$=105円
 
 これらのメドは、一つの指標となる。ただし、中国に大きなサプライズが無い場合だろう。もし、中国で大きな減退があるようなら、これらの数値のうち、下の二つは、さらに下方修正の必要が出てくるかもしれない。それが本当のパニックであり、現段階では、そこまでのことには至っていない。
 

各メディアで活躍中! 株式アドバイザー堀篤が綴る『兜町発信! 情報通の早耳コラム』はこちらから↓
http://jst-trade.jp/show_page.html/view/lp02/mediaCode/min2

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> いま、東京市場では、なにが起きているのか?