相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4555)沢井製薬

 四季報2015年冬号によると、後発薬は使用促進策の効果で病院や薬局向け引き続き拡大。販売努力で高単価品が伸びる。研究開発費の一部未消化もあり営業益好伸。増配上乗せか。17年3月期は安定供給を訴求し後発薬一段増。
 政府の普及目標引き上げで、17年度年産155億錠計画は超過達成必至。16年夏メド見直しへ。特許無効審判請求が奏功、骨粗鬆症薬後発品を一番手に投入。
 2月9日決算発表。2016年3月期予想は増収・増益変わらず。
 現在は、2014年8月8日の安値5630円からの上昇トレンド(A)の中にあります。この中で下値、上値を徐々に切り上げる動きとなっています。この中で昨年の8月18日に8470円の高値をつけて9月29日の6780円まで下落しましたが、日経平均の暴落にもかかわらず下値を切り上げ上値は今月の2月2日に8560円と昨年の8月18日の高値を更新する動きとなりました。再び日経平均の急落につれ安しています。
 
(4555)沢井製薬
 

(9064)ヤマトホールディングス

 四季報2015年冬号によると、既存宅急便はEC市場拡大で増加。ただ廃止したメール便の受け皿商品の寄与が下期にずれ込む。広告宣伝費もかさみ営業益は前期並みに。17年3月期はメール便落ち込み一服。宅急便堅調で小幅増益。
 メール便受け皿の一つ『ネコポス』は大手フリマアプリとの提携拡大、遅れていたコンビニ取り扱いにもメド。愛知・豊田に16年10月稼働で大型物流施設開設。
 1月28日決算発表済。
 2012年11月15日の1170円を安値にアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成。この中で短期の上昇トレンド(B)となって2013年9月27日の2299円まで上昇後、2014年1月28日の1921円まで押し目を入れた後ボックス相場(C)へ移行しました。このボックス相場の中でもみあい10月17日に1967円の安値をつけたあと、急伸し上放れとなって2015年3月30日に2958円の高値をつけました。ここをピークに9月8日の2166円を安値とする三角保ち合いとなっています。この中で今年の1月21日の2204円を安値に2月2日の2644円まで上昇し、そのあと日経平均の急落につれ安しています。三角保ち合い(D)の下値サポートラインに接近すれば買って、まずは上値サポートライン接近で売るという投資を想定していましたが、日経平均がさらに急落し、昨年の9月8日の2166円にタッチする2167円まで下げました。ここからは売られすぎといえます。
 
(9064)ヤマトホールディングス
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!