【Alox分析】今年の倒産を予測する – 2016年 –

ネガティブ要因

(1)米国の利上げ
米国の中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)は、9年半ぶりとなる金利の引き上げを決めた。

米国は、“全開だった蛇口”を少し閉めた。堅調な国内景気を背景に、FRBは「金利を上下させる手段」を再び手にしたかったのだろう。

「蛇口が閉まれば、水を飲めない人々(資金調達難の企業)」が出てくるのは、至極当然のなりゆきだ。

FRBは、「好景気ゆえに、蛇口が少しぐらい閉まっても大丈夫だろう」と高を括ったわけだが、年初から世界の政治経済は大混乱であり、「水が飲めない、つまり資金調達できない企業」が出てくる可能性は高い。

最も倒産リスクの高い企業は、原油安によって採算割れのシェールオイル関連企業である。

これらの企業は、資金調達手段として、金利の高い債券(ハイイールド債)を発行している。

原油の下落によって、シェールオイル関連企業の信用リスクが増大し、ハイイールド債は大幅に下落した。

2015年12月には、ハイイールド債の運用を行っていたファンドが破綻するといった事態も発生している。

日本企業においても、シェールオイルに参入している企業が存在する。
おそらく、それらの企業は減損会計の適用を“必須の要件”と考えているだろう(すでに減損会計を適用している企業もある)。

米国の利上げは、世界中の企業の資金調達に影響を与える事象であることは間違いない。

(2)「公的な金融支援の縮小」と銀行の再編
中小企業再生支援協議会では、中小企業金融円滑化法終了後の支援措置として、3年間の暫定リスケという手法で中小企業の再生支援を行なっている。それが2016年3月31日で終了する。

また、経済産業省は2015年12月10日、資金繰り円滑化を支えている信用保証制度の見直しに向けた方向性を固めた。

一律で融資の8割を保証する一般保証(責任共有制度)の仕組みを、企業のライフステージや業況、業歴などの状況に応じて保証割合を弾力化する。セーフティーネット保証(100%保証)制度も見直される予定という話である。

この結果、銀行は融資先企業が破綻した場合、実損は2割だったものがケースによっては5割になるということである。

一方、地銀は、金融庁の指導によって、合従連衡を画策せざるを得ない状況のため、合併・提携先よりも、良い資産(貸出先)を確保するというモチベーションは高い。

つまり、融資先の選別を行い、不良懸念先は子会社への付け替え等の措置が取られる可能性がある。

信用保証制度が変わった場合、銀行は今までよりも融資姿勢が厳しくなるのは当たり前である。

そのしわ寄せが、既存の融資先評価にも波及する可能性がある。

また、銀行は営業上・もしくは同じグループという理由に基づき、上場会社の株を保有しているが、昨今の株価暴落で有価証券の価値は下がっている。

有価証券評価損を抱えた銀行は、損失を減らすべく優良取引先の開拓とともに、「不良取引先の精査」を行うことが予想される。

(3)原油安と中東の混乱
サウジアラビアとイランの対立は、シーア派とスンニ派の宗教対立である。イスラエルとアラブ諸国の関係を見れば分かるとおり、宗教対立は一朝一夕で解決することはない。

通常、地政学リスクの高まりによって、原油価格は上昇する。だが、サウジアラビアはアメリカのシェールオイル企業とチキンレース中※のため、原油価格は下がり続けている。

下がり続ける原油価格によって、アベノミクスの掲げる「2%の物価安定の上昇」は、静かにフェードアウトした。

政府は、円安・株高・物価上昇・減税の“見返り”として、企業に対して賃金アップの協力を求めているが、昨今の報道を見る限り、企業は及び腰のようだ。

賃金が上がらなければ、消費が伸びないのは自明であって、中国の景気が軟調に転じたため、爆買いにも期待はできない。

耳をすますと、遠くからデフレの足音が聞こえてきそうだ。


OPECの盟主であるサウジアラビアが、原油下落に対応するために「原油を減産する」といった措置をせず、シェアを維持することを優先し、薄利となることを承知の上で、原油を増産し続けていること。

その結果、手元資金が少なくなったため、中東の政府系ファンドは2016年になってから日本株の売却を実施したという。

また、チキンレースの煽りを受けた原油依存度の高いロシア経済が、急減速していることを付け加えておく。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 【Alox分析】今年の倒産を予測する – 2016年 –