相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6473)ジェイテクト

 四季報2015年冬号によると、ステアリング、軸受けとも海外で伸びる。工作機械も増加。減価償却費増など吸収し営業益続伸。最高益で増配。17年3月期は自動車関連は中国減速でも北米が牽引。工場改革寄与拡大で増益基調。
15年9月に同国初の工場が本格稼働、電動パワステを生産。タイでステアリング部品の新工場稼働。VW向けは間接含めて全売上高の1・5%程度と少ない。
10月30日決算発表。2016年3月期予想を売上、営業利益、経常利益ともの上方修正。
2012年11月14日の552円を安値にアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成。この中で2015年6月25日の2480円で当面のピークとなり、調整中に8月の中国ショックを受けて、日経平均の急落につれ安し、上昇トレンド(A)を切って9月7日の1594円まで下落しました。この安値圏でもみあったあと、9月29日に1577円と安値を更新しましたが、2点底となって反発し10月30日の上方修正を受けて12月1日には2320円の戻り高値となりました。その後、再び日経平均の急落でつれ安していますが全値押しの水準ではリバウンド狙いの買い有利といえます。
 
(6473)ジェイテクト
 

(4188)三菱ケミカルホールディングス

 四季報2015年冬号によると、大陽日酸が通年貢献。原料安で基礎化学、ポリマーズの採算が急改善。機能商品は電池材料等の増販効果と原料安恩恵。医薬も糖尿病治療剤が伸長。構造改革特損。17年3月期は機能商品が数量増える。
三菱化学はじめとする傘下の化学系3社(化学、樹脂、レイヨン)は、1社へ統合を検討中。メドは17年春、世界展開の加速等が狙い。今年度中に実施について結論。
11月5日決算発表。2016年3月期予想は売上は下方修正だったが営業利益と純利益は上方修正。
2012年10月11日の275円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、2013年5月21日の593円まで上昇。その後、上値を切り下げる直角三角形の保ち合い(A)となりましたが、2014年5月7日の402円を安値に上放れとなり、12月5日の655円まで上昇して2015年の1月16日の561円まで押し目を入れ再上昇となって7月24日に847円の高値をつけました。高値圏でのもみあいの中で8月の中国ショックで日経平均の急落につれ安し9月29日の598円まで下げ、ここから11月26日の837円まで急反発となりました。その後調整入りとなり再び日経平均の急落につれ安しています。チャートの形でみてみると2015年1月16日の561円を安値とし、7月24日の847円を高値とする三角保ち合い(B)を形成しているようにみえ下値ラインに接近すれば買い有利となります。
 
(4188)三菱ケミカルホールディングス
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!