自動化の落ち着きどころを考える

Tesla Motorsの自動運転機能『Autopilot』は良くも悪くも大きな話題を呼ぶ

電気自動車『Model S』で知られる米Tesla Motors は、2015 年10 月に自動運転機能『Autopilot』を搭載した最新の同社自動車向けソフトウェアをリリースしました。この最新ソフト(Version 7.0)では、限定された条件下においてハンドルやアクセルなどから手足を離した状態で走行出来る機能が搭載され、大きな話題を呼びました。

Tesla Motorsのこうした取り組みは、本来、運転手の負担を軽減したり、事故を未然に回避する上での補助的な役割として提供されています。しかし実際には、この『自動運転』に近い機能にばかり目が行ってしまった人々による危険な運転行為や報告が次々と動画サイトなどに掲載され、かえって悪目立ちしてしまいました。

自動運転に関する技術は日進月歩であり、かつ、自動車での移動が必要不可欠な現実社会における恩恵も多いことから、今回のTesla Motorsのソフトウェアの一件をもって「自動運転は危険だ」と断じてしまうのは早計と考えます。ただ、今後この分野が発展普及するために解決すべき課題が実に多いことを再認識させるのに十分な出来事ではあったと思われます。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 自動化の落ち着きどころを考える