今週は原油相場をみながら戻りを試す展開か

(指標)日経平均

 先週の予測では、目先下値確認の動きとなり、チャートからは18500円のフシ目を安値に反発を期待するところとし、FOMCの利上げ開始でアク抜け感が出れば戻りを試す動きが考えられるとしました。
 結果的に、週前半はFOMCを前に欧米株安と円高を嫌気し2日連続の大幅安となって12月15日(火)は18502円まで下げて18565円でした。しかし、週の中盤は原油価格が反発したのを受け欧米株が大幅高となったことで、12月16日(水)は△484円の19049円、12月17日(木)はFOMCの金利引き上げの開始を好感し、19507円まで上昇して△303円の19535円でした。
 週末の12月18日(金)は日銀の金融政策決決定会合で追加の金融緩和措置としてETFの買い入れ拡充を決めたことで一時19869円まで急騰しましたが、物足りないとの見方が出て急落し18982円まで下げて▼366円の18968円で引けました。
 今週は、先週末のアメリカ株式の大幅続落と円高を受け、シカゴ日経先物が18780円となっていることでサヤ寄せする形で始まり原油価格の下値模索にあわせて日経平均も下値を確認する動きとなりそうです。チャートの形からは目先の下値のメドは12月15日の18562円水準となります。
 本日21日(月)の前場は、アメリカ株安、円高を受けて売りが先行し、▼141円の18845円で寄り付くと多少戻したあと先物主導で下げ幅を拡大し、前場は▼322円の18664円で引けました。後場になると売られすぎから下げ幅を縮小し、急速に値を戻して18979円まで上昇し▼70円の18916円で引けました。このまま戻して引線の終値で19373円以上で引けると短期の買転換となってもう一段の戻りを試すことになります。
 
日経平均12-21
 

(指標))NYダウ

 先週は、原油価格が下げ止まらなければ11月16日の17210ドルを守れず17000ドルが下値ポイントになるとしました。
 週前半の12月14~16日まではFOMCでの利上げ決定を好感し、3日間で400ドルをこえる17784ドルまで上昇したものの、原油価格が1バレル=34ドル台へと下値をさぐる動きとなって週後半の2日間で620ドル下げ17128ドルで引けました。
 今週は、クリスマス休暇をとる投資家が多く閑散商いが想定され、年末で節税目的の売りが増える傾向があります。一方で統計的には12月中旬から1月にかけて株価は上昇ということがあります。
 チャートでは11月16日の17210ドルを切って17128ドルで終わっており、下値では17000ドル台が意識されるため、もみあいながら多少戻りを試す展開が想定されます。
 
NYダウ12-21
 

(指標)ドル/円

 先週の予測では、原油安はドルの上昇を抑える要因になるが、FOMCでの利上げが開始されると基本的には日米金利差拡大期待からドル買い要因になるとしました。
 現在のリスク回避の円買いは原油価格が一服すればドルが買い戻されることになるとし120~123円のレンジを想定しました。
 週前半は、FOMCを前に様子見と原油安から120円台前半まで円が買われましたが、週半ば以降は原油の反発とFOMCの利上げ開始決定でドルが買い戻され122円台後半までの円安となりました。しかし、週末の12月18日(金)には原油が再び安くなり、円が買われて121円台前半で引けました。
 今週はクリスマス休暇で欧米の投資家の参加が少なくなるため薄商いとなります。アメリカの2016年以降の利上げペースに懸念が生じればドル売り、日本の経済に減速懸念が高まれば追加緩和期待から円売りとなります。今週は方向感のない動きで121~123円を想定。
 
為替12-21
 

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は原油相場をみながら戻りを試す展開か