相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4112)保土谷化学工業

 四季報2015年秋号によると、除草剤は下期が需要期。原燃料安の過酸化水素、ニッチの止水材料・工事も稼ぐ。が、有機ELはスマホ新機種に採用の一方、客先の操業低下痛い。会社数字強め。17年3月期は機能性樹脂、過酸化水素着実。【有機EL】韓国子会社はぎりぎり黒字維持。18年以降LGスマホ向け動く。トナー材料は中国に加えインド、インドネシア輸出も狙う。危険物倉庫の引き合い活発。
アップル社が3年後に発売するアイフォーンの表示装置として有機ELパネルを採用するとの報道で11月26日にストップ高となり人気化。
2012年2月23日の306円を高値とし、10月9日の134円を安値とする三角保ち合い(A)が煮詰まったところで今年の5月14日の211円を高値に業績の下方修正から下放れとなりました。8月25日の147円を安値にもみあい10月7日に166円で買転換となっていましたが、アップル社が3年後に発売するアイフォーンの表示装置として有機ELパネルを採用する報道で11月26日にストップ高となり11月30日には257円まで上昇しました。ここから過熱感から下落となるものの、12月3日の220円、12月10日の221円とダブル底のような形となって反発し12月11日には238円で上放れの形となりました。
 
(4112)保土谷化学工業
 

(4023)クレハ

 四季報2015年秋号によると、下期PPS樹脂が活発、ラップ値上げ浸透へ。が、腎不全薬は後発品と消耗戦、炭素繊維も赤字続く。原料安の一方、PVDF増設の償却本格化。17年3月期はシェールオイル向けPGA樹脂が収益寄与。
16年1月に完全分解性の新プラグ投入、垂直立ち上げ狙う。中国PVDF樹脂は操業度6割に。いわきでPPS増強検討。リチウム電池電極材の事業性見極める。
11月12日決算発表。2016年3月期予想は売上は増加だが減収・減益。しかし依然として割安感あり。
2012年2月13日の427円を高値とし、10月15日の265円を安値とする三角保ち合い(A)が煮詰まって2013年10月31日に378円で上放れとなりました。2014年1月8日の554円まで上昇して2月4日の429円まで押し目を入れ、上昇トレンド(B)を形成していましたが、11月27日の592円でピークとなって上昇トレンド(B)をいったん下に切り、今年の1月22日の460円まで下げて2月25日の572円まで反発するものの、ここが2番天井となって下降トレンド(C)へ移行しました。この下降トレンド(C)の中で日経平均の急落にあい、8月26日の402円まで下落し、ここを安値に安値圏でもみあって9月29日に400円まで下げてダブル底のような形となり10月5日に445円で買転換となりました。
そこから上昇が継続し11月18日に501円まで上昇後、ここを戻り天井に上値重く、もみあっているところで日経平均の急落でつれ安してきています。
 
(4023)クレハ
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!