小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」

1、大数の法則とは?

「大数の法則」の「大数」は「だいすう」ではなくて「たいすう」と読む。

■たいすうなんですね。で、どういう意味なんですか?

確率はデータが多くなればなるほど有効に働くという法則。

【大数の法則とは?】
確率はデータが多くなればなるほど有効に働くという法則。

■難しいです。

□難しくない。例えば、サイコロで1の目が出る確率は?

■それならわかります。サイコロには目が6つありますから、1が出る確率は6分の1。

□だね。で、サイコロを6回振ったとする。1の目は必ず1回出るかな?

■それは・・・出ないこともありますね。

□だね。6回振っても1回も1が出ないこともある。逆に2回、3回出ることもある。それなのに、確率が6分の1という言い方をする。その確率ってどういう意味なんだろう?

■そう言われると。・・・つまり数を重ねていくと、平均的に6回に1回1の目が出るということかと。

□そうだね。それが「大数の法則」。6回振って1の目がゼロ回だったり、時には3回出ることがあったりするけど、60回振って1の目がゼロ回だったり、30回だったりすることはない。

■確かに。今まで何の疑問も持ちませんでしたが、6回振ったときには大きなぶれがあるのに60回ではぶれが小さくなりますね。

□そして600回振ればきわめて100回に近く1の目が出て、6000回振ればきわめて1000回に近く1の目が出る。このことは数学的に証明されており、このことを「大数の法則」と呼ぶ。

■なるほど、考えてみれば当たり前のようですが、今まで意識していなかったですね。6回振って仮に3回1の目が出ることがあるとしたら、6000回振ったときに、3000回1の目が出ることがあってもおかしくないと思われますが、実際にはそんなことは起こらない。数を増やせば確率が正しく働くんですね。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」