ドル高の終焉ー米国利上げをピークにドル円は100円へ

今後の相場について

6
ドル円相場は130円を目指している。
そこから100円まで下落があるかもしれない

その要素は二つある。
①米ドルが一気にドル安になる
→ドル高が進みすぎると世界に影響がある
→負債が膨らむことになる。
→そして商品が下落する
その影響で新興国がダメージをうける
その新興国への輸出で日本やユーロが影響を受ける

グローバルな経済は今後、厳しくなってくるであろう。
新しいタイプの原始的な経済とはがはじまる。
それは他国に影響をうける経済である。
外部要因によって経済が左右される世界。

つまり、「原始的な」経済なのだ。

もしこうならなかったら、世界は景気後退(リセッション)になっている。

なので「ドル安」か「景気後退」この2つしか道はない。

②中国のシルクロード構想
7
ヨーロッパやアフリカを含めた経済圏を中国がカバーしようとしている。
人民元建ての経済圏を狙った構想である。

その一環として、IMFのSDR(通貨バスケット)の要素として元が追加された。
この3年間のうちに人民元は為替取引高TOP5にはいってくるだろうと私は考えている。

この構想はマーシャルプランに匹敵するくらい大きな経済圏の構想である。

■トレードのポイント
考え方としては、以下の通りだ。

・アベノミクス/低金利政策が機能していない
・2015/12に恐らく米利上げをするが、調達コストが更に上昇する
・アメリカのドルの価値は金利とは逆相関する傾向にある
→過去5回の利上げがある。そのうち4回は1番最初の利上げのタイミングが
ドルに関しての最高値になっている。

そのため、私のトレード戦略はこうだ。
「ドルを売って、金を買えばいい。1回目の利上げの時に。」

それが来年の一番いいトレードになるだろう

ドル高の終焉である。
ドル円は100円、ユーロドルは1.2へ向かうと考えている。

■最後に私の好きな言葉を送りたい。

元イギリス首相 ウィンストン・チャーチル Winston Churchill
8
Photo from Wikipedia

If you are going through hell, keep going
(もしも地獄の真っ只中にいるのなら、そのまま突き進むがいい)

※この(厳しくなるであろう)相場環境の中で投資するならば、それをしっかり受け止めて進むべし!と言われたような気がします。

この後に質疑応答の時間もあり、とても楽しく、エキサイティングな講演でした。
スティーンヤコブセン氏がとても好きになってしまいました。また是非、日本でご講演頂きたいと思います。

(記事:川島)

1 2 3 4

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ドル高の終焉ー米国利上げをピークにドル円は100円へ