Q&A:TPA理論について

ところが、市場には、投資資金の他に、より大きな金額を扱う投機資金がいます。「買ったものは必ず売り戻す。売ったものは必ず買い戻す。」という投機資金の性格を理解すれば、市場価格は大なり小なりのオーバーシュートを常に繰り返していることが分かります。買い過ぎては売り戻し、売り過ぎては買い戻すのです。

相場の行き過ぎからの反転を見極めるとは、買い過ぎたポジションを売り戻すところから始まります。やがて、追随売りなどが出て、市場はニュートラルとなり、その後、売り過ぎに偏ります。そして、売り過ぎたポジションを買い戻すのです。相場はその繰り返しです。

つまり、オーバーシュートの戻りとは、やがて反対方向のオーバーシュートに至る発生の芽だと言えます。上手く捉えれば、時間効率的に最大の値幅が確保できるのです。

zu

相場はそういった波動を繰り返しますので、谷越え確認、山越え確認の転換点の見極めの精度が高まるにつれ、確保できる値幅が広がります。これは道理です。

その道理が分かれば、転換点の見極めに全精力を傾けるのが、収益を拡大する最も近道だということが分かります。無理は通りません。

私自身は、「相場観という、いわば煩悩」に支配されて、分かっていながら途中で入るという無理を繰り返しています。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> Q&A:TPA理論について