相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8515)アイフル

 四季報2015年秋号によると、消費者金融の新規顧客獲得が順調。債権流動化で利息減少が続く反面、信用保証収益が上乗せ。利息返還費用(前期637億円)消える前提で営業益黒字化。ただ、シナリオ崩れれば表記は減額も。
返済繰り延べ債務527億円を通常の借入に切り替え、金融機関の支援が終了。信用力回復の一里塚に。顧客獲得へネット広告大幅増。継続前提に重要事象。
2014年3月27日の286円を安値に3月28日に315円で買転換となり、日銀の金融緩和を受けて急騰し7月2日の705円まで約4ヶ月で2.5倍化となりました。しかし、ここをピークに急落となり10月17日の348円まで下落し、その後11月4日の528円まで反発したあとは三角保ち合い(A)へ移行しました。この三角保ち合いの煮詰まったところで今年の7月8日の343円を安値に上放れとなり8月28日に494円まで上昇するものの日経平均の急落につれ安し9月8日に388円の安値をつけて再び戻り歩調にあります。
過払い金利息の返還も峠をこえ業績は回復基調。日銀の追加の金融緩和があればプラス材料となります。

(8515)アイフル

(1930)北陸電気工業

 四季報2015年秋号によると、牽引役の太陽光関連は固定買い取り制度の見直しで減速感強まる。北陸電力の設備投資抑制も響く。ただ、地元民間ビルの新築、改装需要が拡大。官公庁向け内線工事等も好調。工事効率化で人件費、資材費の高止まりを吸収。営業益続伸。
親会社北陸電力と連携でエネルギー関連サービスをワンストップで提供。送電線設備建て替えなど受注機会も拡大。
2014年9月4日の210円を安値に下値の上昇角度を①→②→③→④と徐々に大きくし、今年の4月2日の681円を安値に急角度の上昇トレンド(④)となりました。この中で7月23日の1505円の高値をつけて、もみあっているところに日経平均の急落につれ安し、短期の下降トレンド(A)を形成し、ここを安値にもみあって10月15日に1107円で買転換となって下降トレンド(A)を上にぬきかかっています。

(1930)北陸電気工業

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!